2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■新対局日誌 第二集 名人のふるえ

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新対局日誌 第二集 名人のふるえ
新対局日誌 第二集 名人のふるえ 新対局日誌 第二集
名人のふるえ
 

【著 者】 河口俊彦
【出版社】 河出書房新社
発行:2001年6月 ISBN:4-309-61432-9
定価:1,600円 251ページ/20cm/H.C.


【本の内容】
春の陣・古い将棋、新しい将棋
夏の陣・複数の最強者
秋の陣・俺は三倍生きている
冬の陣・逃げる者と追う者

◆内容紹介
羽生善治が引き起こした棋界の地殻変動は佐藤康光、森内俊之、先崎学ら天才少年たちの登場によってさらに激化。その陰で、芹沢博文と板谷進が逝った。大山は?中原、米長は?新世代と旧世代の人間ドラマを描く将棋戦国史。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
ノンフィクション
[シリーズ] 
新・対局日誌
[著者] 
河口俊彦
[発行年] 
2001年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新対局日誌 第二集 名人のふるえ


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved