2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■新対局日誌 第一集 二人の天才棋士

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新対局日誌 第一集 二人の天才棋士
新対局日誌 第一集 二人の天才棋士
zoom
新対局日誌 第一集
二人の天才棋士
 

【著 者】 河口俊彦
【出版社】 河出書房新社
発行:2001年4月 ISBN:4-309-61431-0
定価:1,600円 286ページ/20cm/H.C.


【本の内容】
春の陣 名人戦の陰で
夏の陣 新しい棋士
秋の陣 白星を求めて
冬の陣 運命の夜

◆内容紹介
プロ棋士の熾烈な勝負、将棋指しが演じる人間臭いドラマを、豊富なエピソードで生き生きと描く。第1集は、昭和61年4月からの1年。羽生善治が順位戦に初参加し、村山聖伝説が生まれた。『将棋マガジン』連載の単行本化。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
ノンフィクション
[シリーズ] 
新・対局日誌
[著者] 
河口俊彦
[発行年] 
2001年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 新対局日誌 第一集 二人の天才棋士


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved