2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■くすぶりの龍

< | No.0597 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > くすぶりの龍
くすぶりの龍 チャンピオンJACKコミックス
くすぶりの龍
[総合評価] D

絵:B
ストーリー:C
構成:B
キャラ:C

【作】 馬場信浩 【画】 木村栄司 【棋譜監修】 中田功
【出版社】 秋田書店
発行:1996年9月 ISBN:4-253-18377-8
定価:514円 202ページ/19cm


【本の内容】
◆内容紹介
昭和43年冬。大阪ミナミに“くすぶりの龍”という若い賭け将棋の真剣師がいた。負け犬のような若僧が、唯一生涯を賭けて戦った将棋がある。愛する女のために──。

◆登場人物紹介:
根津龍吉 主人公。「くすぶり」として生きているが、元奨励会三段相手には「まともにやったらかなわない」と本人が思っているくらいの実力。「女は違う種類の生物」と思っている。
酒井カナ 龍吉に近づいてきた謎の女。巻坂と因縁あり。
巻坂金吾 四国アマ名人。蛇のようにねちっこい棋風(龍吉の評)。カナと因縁がある。
源平 龍吉の弟分。将棋面での活躍は特になし。


【レビュー】
真剣師の青年を描いた将棋劇画。
(以下ネタバレの内容を含みます。反転してご覧ください。)

主人公の龍吉は自他共に認める「くすぶり」。将棋ではなかなかしぶとい強さを見せるが、女には弱い。

ストーリーは以下の流れ。
(1)ヤクザの女に手を出してしまい、ヤクザの連れてきた“元奨三段”と中指を賭けて真剣。
(2)なぜかカナと出会い、なぜか男と女の関係になっちゃう。
(3)巻坂に三タテを喰らう。
(4)カナと組んでケチな真剣師稼業。
(5)カナと巻坂の因縁を知る。
(6)カナに不幸が……
(7)カナの敵討ちとして、巻坂と対決。

龍吉はキャラ的には微妙。素人相手の真剣に「通し」(第三者に好手を教えてもらうこと)を使ったり、掛け金が足りなくなったらカナの金を黙って持ち出したり、カナの過去に怒り狂って胸や腹を足蹴にしたり……、あまり共感できない性格。

ボスキャラが四国名人ってのもちょっとスケールが小さいような……。その巻坂も盤外作戦であっさり精神崩壊。もう少しお互いを削りあうようなクライマックスが良かったなぁ。

キャラ・ストーリーともにいまいちな感じだった。


※裸のシーンが何度か出てきますので、一応R15指定とさせていただきます。ていうか、表紙でいきなり裸です(笑)(2006Nov16)

○一般人にとって……龍吉ひどくない?
○将棋ファンにとって……アマ初段〜二段あれば、“次の一手”全部分かりそう。



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋コミック
[シリーズ] 
[著者] 
馬場信浩 木村栄司 中田功
[発行年] 
1996年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > くすぶりの龍


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved