2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■熱血将棋順位戦

< | No.0330 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 熱血将棋順位戦

zoom
地位と名誉をかけた男の激烈な戦い
熱血将棋順位戦
[総合評価] C

難易度:★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)C
レイアウト:A
解説:A
読みやすさ:B
中級〜有段者向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 板谷進
【出版社】 日本将棋連盟
発行:1974年10月 2276-0116-5892
定価:580円 222ページ/18cm


【本の内容】
自戦記=13局
第1局 最後の一瞬に勝ちを拾う ○(対高島弘光七段)相矢倉▲棒銀 24p
第2局 良いところが出た一局 ○(対大野源一八段)▲力戦向飛車 12p
第3局 昇級街道へ第一歩 ○(対勝浦修七段)相矢倉▲スズメ刺し 26p
第4局 不調だった花村八段 ○(対花村元司八段)相中飛車 力戦 14p
第5局 競争相手をせりおとす ○(対原田泰夫八段)△陽動三間飛車▲棒金 14p
第6局 白眉の一局 ○(対西村一義七段)相矢倉▲3七銀△7三銀 30p
第7局 ライバルを破る ○(対大内延介八段)▲中飛車穴熊 16p
第8局 滋味あふれる一戦 ○(対熊谷達人八段)△四間飛車▲左美濃8八玉型 20p
第9局 唯一の敗戦 ●(対北村昌男八段)相矢倉▲3七銀△7三銀 16p
第10局 大きな星 ○(対芹沢博文八段)相矢倉▲スズメ刺し模様 10p
第11局 ついに栄冠をつかむ ○(対広津久雄八段)▲5筋位取り中飛車 14p
第12局 決まってもまだ負けられない ○(対長谷部久雄八段)△四間飛車3ニ金型▲棒銀模様 12p
第13局 十二勝一敗の好成績 ○(対桐山清澄七段)▲四間飛車△右四間飛車+穴熊 8p

◆内容紹介(裏表紙より)
熱血児板谷進がB級1組で12勝1敗の圧倒的好成績をいかにして達成したか。その13棋譜を懇切に解明。朝日新聞のA級順位戦には見られぬB級の豪傑棋士たちの気質も同時に描き出しているのは興味深い。


【レビュー】
板谷進七段(当時)の順位戦自戦記。第28期B級1組順位戦(1973年度)の全13局を解説している。

板谷進九段プロフィール日本将棋連盟HP内)
板谷進九段の順位戦成績将棋順位戦データベース内)

この年の板谷は絶好調。クセ者ぞろいのB級1組を12勝1敗の好成績で通過し、A級昇級を決めた。まえがきにも書かれている通り、決して快勝ばかりではないく、粘った末に逆転という将棋もある。しかし順位戦独特の気迫・粘りはアマにとっても非常に参考になる。特にB1以下は普段脚光を浴びることが少ないだけに、A級には見られない面白さがある。

板谷の気風は“堅実”。「危ない端は渡らない」(160p)「身体の続く限り、がんばりの板谷で押し通すつもりである」(190p)と、決して“一刀両断”や“豪腕”という感じはないが、逆にアマにとっては分かりやすい将棋が多い。現代でいえば森下卓八段に近いかな?

内容は良いが全13局とちょっと量が少ないため、評価は少々控えめのCにした。(2004May10)



【関連書籍】

[ジャンル] 
自戦記
[シリーズ] 
[著者] 
板谷進
[発行年] 
1974年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 熱血将棋順位戦


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved