2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■大五郎流中飛車

< | No.0384 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 大五郎流中飛車
大五郎流中飛車
zoom
将棋タウンさんthx!
実用百科シリーズ
大五郎流中飛車
負けない中飛車の攻め方
[総合評価] C

難易度:★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:C
解説:A
読みやすさ:B
中級〜上級向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 佐藤大五郎
【出版社】 永岡書店
発行:1974年12月 2076-12100-5615
定価:480円 204ページ/18cm


【本の内容】
第一編 ツノ銀中飛車 (1)▲3八飛/▲棒銀/▲セメント囲い持久戦/実戦2局
(2)▲棒銀
66p
第二編 攻める中飛車 (1)角交換型/実戦1局
(2)▲急戦中飛車/実戦1局(自戦記)
50p
第三編 変通自在・中飛車 (1)中央位取り中飛車/実戦2局
(2)変通自在・中飛車の実戦(4局)
 (中飛車の袖飛車作戦など)
86p

◆内容紹介(はしがきより抜粋)
中飛車は棒銀と並んで初心者にもっとも親しまれている戦法です。それゆえ“へたの中飛車”などと軽視されがちです。しかし中飛車は、プロ棋士間では有力戦法の一つとして、りっぱに通用しているのです。本書では、初歩のやさしい指し方から高級なものまで、あますところなく中飛車の奥義を公開し、解説しています。


【レビュー】
中飛車の定跡書。スタンスは中飛車寄りだが、居飛車の手ごわい手段も解説している。

基本的には定跡と実戦を織り交ぜながらの解説。変化は古いが、解説そのものはしっかりしている。実戦は計8局のうち、自戦は1局のみ。その他は総譜もなく対局者も不明なので、かなり中途半端である。

本書でつらいのはレイアウト。見開き図面4枚のオーソドックスな型だが、図面と解説がバラバラで非常に読みづらい。該当図面を探すのも一苦労だし、棋譜を追うのに何度もページをめくらなければならない。


本書は図書館にリクエストしたのだが、「国会図書館にしかないので館内閲覧のみになります。(貸出不可)」とのことだった。たしかに各種OPACでも見つけることができず。かなりレアな本である。ただ、読む価値があるかどうかは微妙。解説の質は良いが、非常に読みづらいし、「本書だけに載っている変化」というのはなさそう。よほどの大五郎マニア(笑)以外には必要ないだろう。(2004Sep04)



【関連書籍】

[ジャンル] 
中飛車
[シリーズ] 実用百科シリーズ
[著者] 
佐藤大五郎
[発行年] 
1974年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 大五郎流中飛車


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved