2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■勝浦の詰将棋傑作選/一人で楽しむ詰将棋

< | No.0542 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 勝浦の詰将棋傑作選/一人で楽しむ詰将棋
勝浦の詰将棋傑作選
zoom
将棋タウンさんthx!
オール二色図解詰将棋シリーズ
勝浦の詰将棋傑作選
[総合評価] B

難易度:★★☆
 〜★★★★

見開き1問
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A(2色刷)
解答の裏透け:A
解説:A
中級〜向き

【著 者】 勝浦修
【出版社】 日本文芸社
発行:1977年3月 ISBN:
定価:650円 214ページ/18cm
(改題版)
一人で楽しむ詰将棋
zoom
オール二色図解詰将棋シリーズ
一人で楽しむ詰将棋
実戦に役立ち棋力が向上する
[総合評価] B

難易度:★★☆
 〜★★★★

見開き1問
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A(2色刷)
解答の裏透け:A
解説:A
中級〜向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 勝浦修
【出版社】 日本文芸社
発行:1978年12月 0276-351-6016
定価:650円 214ページ/18cm


【本の内容】
・詰将棋=計100問
1 三手詰め編 20問
2 五手詰め編 20問
3 七手詰め編 20問
4 九手詰め編 20問
5 十一手詰め編 20問

◆内容紹介
三手詰から十一手詰まで実戦向け詰将棋100題。初級・中級向けの少手順の出題を厳選し、終盤力の実力養成と詰め手筋の会得ができる。


【レビュー】
3手詰〜11手詰の詰将棋問題集。

少し前に紹介した『二上詰将棋傑作選』と同じ「オール二色図解詰将棋シリーズ」。このシリーズは図面が見やすく、ヒント・解説も充実している。解説は書き手によって個性が出ていて(当然だが)、本書の場合はあまり作品の感想は書かず、手順の解説が中心になっている。

前半の3手詰・5手詰は、超短手数には珍しく中段玉や入玉形の割合が高い。不安定な詰め上がりや意外な駒の使い方が魅力だが、初級者にはとっつきにくい感じがするかも。なお、7手詰以降はほとんど普通の下段玉(入玉形で手数の長いものは作りにくい?)。とはいえ、7手以降もトリッキーでいかにも“詰将棋的な手筋”も多く見られた(森信雄作品ほどではないが…)。手筋物っぽいのとトリッキー物の割合は半々くらい。

詰将棋作品としては、フツウに楽しめるレベル。棋力向上を目的としているならば他書の方がいいかも?(2005Nov21)



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] オール二色図解詰将棋シリーズ
[著者] 
勝浦修
[発行年] 
1977年 1978年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 勝浦の詰将棋傑作選/一人で楽しむ詰将棋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved