2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■内藤の詰将棋

< | No.0543 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 内藤の詰将棋
内藤の詰将棋
zoom
内藤シリーズ(1)
内藤の詰将棋
付 実戦即詰集
詰将棋と投了図の研究
[総合評価] B

難易度:★★★☆

見開き2問
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:C
解説:B
中級〜向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 弘文社
【出版社】 日本文芸社
発行:1973年 0276-30041-2270
定価:630円 220ページ/18cm
(新装版)
内藤の詰将棋
zoom
内藤シリーズ(1)
内藤の詰将棋
付 実戦即詰集
詰将棋と投了図の研究
[総合評価] B

難易度:★★★☆

見開き2問
内容:(質)A(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:C
解説:B
中級〜向き

【著 者】 弘文社
【出版社】 日本文芸社
発行:1973年 0276-30041-2270
定価:630円 220ページ/18cm


【本の内容】
・詰将棋=計179問(コラム内のもの、実戦詰将棋を含む)
第1章 一〜七手詰集 1手詰=8問/5手詰=6問/7手詰=30問 48p
第2章 九手詰集 9手詰=52問 60p
第3章 十一手詰集 11手詰=60問 62p
第4章 実戦即詰集 実戦と詰将棋/実戦心理/実戦はノーヒント
/実戦詰将棋=18局
46p

・【コラム】一呼吸のゆとり/一局の人生/曲詰め(あぶり出し、オメデトウ)

◆内容紹介(「はじめに」より抜粋)
詰将棋を解くにあたっては、まず第一感で本筋をつかむように努めなければなりません。無論外れることも多いでしょうが、その修練を積んでいるうちに直観力がついていきます。(中略)本書は一手詰めから十一手詰めまでの短手数の詰将棋を集録しました。この程度なら、初級の人や詰将棋があまり得意でない人でも「直感」の範囲内に入るものと思います。


【レビュー】
7手・9手・11手詰中心の詰将棋問題集。

第1章〜第3章は普通の詰将棋集。第1章は1〜7手詰となっているが、実際は大部分が7手詰で、たまに1手や5手が煙幕のように紛れている感じ。なので、1手詰から収録されているからといって、あまり詰将棋に慣れていない人は手を出さないように。

詰将棋の造りは内藤作品そのもの。コンパクトな作品ながら、適度にマギレがあって結構考えさせられる。特に7手詰はかなり難しいものもあって挫折してしまいそうになったが、9手詰・11手詰は意外と解けたりする。「投げ出してしまいそうなのに続けられる」という、絶妙なバランスが魅力。

第4章は実戦からの出題。内藤本人の実戦、タイトル戦、アマの対局など、題材はさまざま。詰将棋的な妙手は少ないものの、実戦特有の手筋があったり、不要な持ち駒がかえって悩むもとになったりと、「創られた詰将棋」とは異なる独特の感触がある。平易ながら、かなり難しいものも含まれている。

全体的にそこそこ骨のある詰将棋集であり、7割以上解けるようなら十分有段者。「はじめに」に「この程度なら、初級の人や詰将棋があまり得意でない人でも『直感』の範囲内」と書かれているが、さすがにそれはない(笑)。

他書でもそうだが、本人が筋に明るいせいか、内藤プロは世間一般の将棋ファンを過大評価しているような気が……。それとも謙虚さの裏返し?(2005Nov26)



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋
[シリーズ] 内藤シリーズ
[著者] 
内藤国雄
[発行年] 
1973年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 内藤の詰将棋


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved