2.6KB

<< 直前のページへ戻る

横歩取り空中戦法

< | No.0314 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 横歩取り空中戦法

zoom
内藤シリーズ(2)
横歩取り空中戦法
付・横歩取り実戦好局集
[総合評価] B

難易度:★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:B
上級〜有段向き

【著 者】 内藤国雄
【出版社】 弘文社
発行:1974年 0276-30042-2270
定価:580円 220ページ/18cm
(新装版)
横歩取り空中戦法
横歩取り空中戦法
付・横歩取り実戦好局集
[総合評価] B

難易度:★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:B
上級〜有段向き

【著 者】 内藤国雄
【出版社】 弘文社
発行:1974年 0276-30042-2270
定価:580円 220ページ/18cm


【本の内容】
第1章 空中戦に入るまで (▲7八金と締まらずに)▲2四歩早突きの研究/
旧横歩取り定跡(△2三歩型)
28p
第2章 空中戦法の研究 その1(基本型)/その2(9筋突き合い型)/その3(9筋突き合い型の変化) 126p
第3章 実戦譜詳解 1局(vs大山康晴名人,第14期棋聖戦挑決) 28p
第4章 空中戦好局集 4局
(1)vs中原誠棋聖,第15期棋聖戦 (2)vs関根茂八段,第19回NHK杯
(3)vs有吉道夫八段,A級順位戦 (4)vs中原誠名人,王位戦挑決
32p


【レビュー】
横歩取り空中戦法の研究書。

横歩取りの序盤といえば、「▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛」の手順が定番。さてここで、「金締まりを省略して▲2四歩はないの?」という疑問が生じる。横歩取りを指す人なら、誰でも一度は考えたことがあるだろう。角道を開けない相掛かり戦では、「金上がり省略の▲2四歩は無理筋」は常識で、中級者向けの手筋本などさまざまな棋書に載っている。ところが、この横歩取り戦での金省略▲2四歩は、載っている本が極端に少ない。

本書はこの変化が研究されている貴重な一冊である。本書の結論では、「ほぼ互角か、後手わずかに指せる」。わたしは実戦ではほとんどこの▲2四歩早突きに出会ったことがないが(相掛かり戦では3回ある)、ほぼ互角なら仕掛けてみる価値はあるのではないか?と思う。逆に後手番では、この変化をこなさなければ横歩取りに誘導できないはずだ。現代の「対ゴキゲン中飛車超急戦」に似た変化なので、横歩党以外の方も知っておいて損がない。

その変化をクリアして、やっと本書のメインである「横歩取り空中戦法内藤流」に入れる。△8四飛と引いて△5二玉と中住まいに構えるのが基本型。現代では内藤流はほとんど見かけないが(中原囲いの方が好まれている)、バランスが良いのでそれなりに有力だ。また、現在流行の△8五飛戦法の基礎は、この内藤流にある。

本書では、空中戦法黎明期の研究が詳細に記されている。もちろん、現代の眼から見れば少々気になる部分はあるが、横歩党はぜひご一読いただきたい。きっと何かが得られるはずである。(2004Apr04)



【関連書籍】

[ジャンル] 
横歩取り
[シリーズ] 内藤シリーズ
[著者] 
内藤国雄
[発行年] 
1974年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 横歩取り空中戦法


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved