2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■将棋格言この一手

< | No.0386 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋格言この一手

zoom
楽しみながら覚える妙手
将棋格言この一手
[総合評価] C

難易度:★★☆

図面:見開き2〜4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
初級〜中級向き

【著 者】 二上達也
【出版社】 潮文社
発行:1978年10月 ISBN:4-8063-0197-3
0276-0197-4664
定価:680円 236ページ/18cm


【本の内容】
将棋上達法=10p
(用具/対局マナー/勉強法)
将棋格言この一手=217p (収録格言集=33/
掲載格言一覧

◆内容紹介(表紙より)
必勝の手筋が自分にものになる!!──「桂の高飛び歩の餌食」など即実戦に役立つ格言で、難しい理詰めの手筋も面白く覚えられ、知らず知らずに実力アップする本。


【レビュー】
将棋格言集。

掲載されている格言は「歩のない将棋は負け将棋」「香は下段から打て」など、とてもオーソドックス。初段を目指すなら、まず本書掲載の格言はしっかりとマスターしたい。

一つの格言につき、複数(2or3)のテーマ図を設定している。第1テーマ図は次の一手形式。第2テーマ図は普通に解説してあり、ちょっと変わった構成だ。第2テーマ図は指し手が左下に書いてあるので、手で隠せば次の一手形式としても使える。さらに、「実力アップテスト」として次の一手問題を2問。これでワンセットとなっている。

級位者向けの解説書なのだが、「以下は研究してみてください」という表現が多く、解説がちょっと不親切。特に「実力アップテスト」の解説は淡白だ。自分でしっかり研究できるのならそれにこしたことはないが、なかなかうまく研究できないのが級位者なのだから、このあたりはクドいくらいに解説してほしいところ。

また、図面の誤植が多いのが気になった。全部で10個くらいの図面が間違っていた。

級位者向けの格言集として、格言の選択や構成は非常に良いと思う。あとはその良さを生かしきるために、もう少しだけ解説に力を入れてほしかった。惜しい一冊。(2004Sep08)



【関連書籍】

[ジャンル] 
格言
[シリーズ] 
[著者] 
二上達也
[発行年] 
1978年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋格言この一手


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved