2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■巨泉流飛車落定跡

< | No.0504 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 巨泉流飛車落定跡
巨泉流飛車落定跡
zoom
プロを攻略する
巨泉流飛車落定跡
[総合評価] B

難易度:★★★★

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
レイアウト:B
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段者向き

【著 者】 大橋巨泉 【監 修】 大内延介
【出版社】 講談社
発行:1977年9月 0076-480093-2253
定価:850円 188ページ/20cm/H.C.


【本の内容】
序論 この戦法を考えるまで   8p
第T部 巨泉流飛車落定跡 (1)なぜ巨泉流をとるか
(2)序盤〜基本型まで
  <a>△3三角 <b>△5二金 <c>△6二銀
(3)6六歩の突き出しから
(4)上手△6三銀型攻略法
42p
第U部 激闘七番勝負 (1)vs森けい二八段
(2)vs丸田祐三九段
(3)vs塚田正夫九段
(4)vs大内延介八段
(5)vs青野照市五段
(6)vs米長邦雄八段
(7)vs中原誠名人
116p
  解説─大内延介   16p

◆内容紹介(序論・本文より抜粋)
この巨泉流飛車落定跡を完成するまでには、相当の試行錯誤があった。それを見ていただくためにも、「日刊ゲンダイ」誌上に連載したプロとの十番勝負の中から、大きなポカがあって棋譜としてあまり意味のない物を除いた七局を第二部として載せた。この戦法は「何かを学ぶための」ものではなく、「プロに勝つための」戦法なのである。


【レビュー】
巨泉流 理想図飛車落ちの定跡&個人実戦集。著者はTV番組「クイズダービー」などでおなじみの大橋巨泉。

飛落ちでもっともメジャーな定跡は右四間である。かなり完成度の高い定跡であるが、細かい変化が多くマスターするのは大変。また、攻め始めたら一気に攻め切る必要があり、少しでも間違えると反撃されてしまうという戦の細さがある。

そこで、「もっと下手が勝ちやすく、力を出せる指し方はないか」と多くの人が試みた。文人でいえば、山口瞳やつのだじろうなど。この“巨泉流”もその中の一つである。

右図が巨泉流の理想形で、ポイントは以下のようになる。
 (1)序盤は右四間に構える。
 (2)▲4八飛に△3三桂以外ならただちに▲4五歩と仕掛ける。
 (3)△3三桂なら、▲6六歩〜▲6五歩と位を取り、さらに▲7八銀〜▲6七銀上と位を補強する。
 (4)△1四歩には▲3八金と上がる。また△1三角には▲4七金と上がる。
 (5)▲7八飛と振り直し、石田流に構える。
 (6)囲いは▲2八玉-▲3八金-▲4八金型が基本。
 (7)玉頭の位は取らせる。
 (8)△5三銀-△3一角型を見てから▲9七角と上がる。ただし△4五歩のないときは上がってよい。
 (9)端は1筋は受けない。9筋は受ける。
 (10)態勢が整ったら、▲7五銀〜▲6六飛から総攻撃開始。

ずいぶん覚えることが多いように見えるが、実際には下手の指し方にさほど紛れはない。本書の実戦譜を並べれば、比較的簡単にマスターできる。“玉は堅く、攻めは厚く”が基本。二枚落ちの二歩突っ切りと似た攻撃型であり、飛角の打ち込みにも強い。唯一、玉頭からの継ぎ歩攻めがあるが、それだけ。上手の一番堅いところを攻める右四間定跡との違いは明らかだ。

本文の解説は、前半が定跡。42pと多くはないが、ツボはしっかり押さえられており、十分役立つレベル。後半は自戦解説で、大内延介八段(当時)や東公平氏のコメント入り。山口瞳と違い、あまり盤外の余計なことは書かず、その将棋のことについてのみ真摯に語っている。洒脱さはないが、個人的に好感度は高い。惜しいのは量が少ないこと。大内プロとは百番以上指したとのことなので、それらの棋譜もピックアップしてくれたらAだったのだが…。

著者が語るとおり、「この戦法は何かを学ぶためのものではなく、プロに勝つための戦法なのである」(14p)。二枚落ちでいえば銀多伝に相当する戦法といえよう。この辺は好みや棋風の問題であって、どちらが良い悪いということはない。わたしは二枚落ちは銀多伝で通したので、飛落ちはしばらく巨泉流でやってみようと思う。(2005May18)



【関連書籍】

[ジャンル] 
駒落ち実戦集
[シリーズ] 
[著者] 
大橋巨泉 大内延介
[発行年] 
1977年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 巨泉流飛車落定跡


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved