2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■第三十五期 将棋名人戦 全記録

< | No.0190 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第三十五期 将棋名人戦 全記録

zoom
第三十五期将棋名人戦
全記録
──中原名人五連覇で永世名人に──
[総合評価] B

難易度:★★★

図面:見開き1〜2枚
(写真挿入あり)
内容:(質)A(量)C
レイアウト:C
解説:A
中級以上向き

【編 者】 朝日新聞東京本社学芸部
【出版社】 朝日ソノラマ
発行:1976年9月 0076-003053-0049
定価:1,200円 190ページ/22cm/H.C.


【本の内容】
【名人】中原誠 (防衛) 【挑戦者】米長邦雄
 

先−後

戦型 観戦記  
第1局 ○中原−米長● 相矢倉△矢倉中飛車+美濃 24p
第2局 ○米長−中原● 相矢倉相総矢倉 18p
第3局 ●中原−米長○ 相矢倉▲矢倉中飛車 20p
第4局 ●米長−中原○ 矢倉相総矢倉 16p
第5局 ○中原−米長● 相矢倉▲4六銀 22p
第6局 ○米長−中原● 相矢倉 20p
第7局 ●米長−中原○ 相矢倉 25p

・【全局解説】「見ておもしろい名人戦だった」(升田幸三)=18p
・【座談会】名人戦を振り返って(中原、二上、加藤一、田村孝雄、構成:東公平)=22p
・【資料】歴代の名人|名人戦の記録|A級順位戦の成績表


【レビュー】
名人戦の観戦記。

永世名人がかかっている中原に挑むのは、飛ぶ鳥を落とす勢いの米長。このころの米長は角頭歩戦法を繰り出すなど、乗りに乗っていた。

七番勝負は全局矢倉だったが、第6,7局が分類不能の矢倉になるなど、面白い将棋が続いた。中でも大きな話題になったのは第2局と第4局で現れた右図の局面。相総矢倉4手角で▲4五歩△6五歩と仕掛けたこの局面は、互いに歩を取り込むと不利になるので、千日手になるのが定説だった。

ここで出たのが、米長が温めていた▲6八銀左の米長新手。△6六歩と取り込ませることで局面を打開しようというのだ。結果は1勝1敗だったが、2局とも先手がやや指せるようだった。もっとも、一流棋士でも意見の分かれるところだが…

全体的に挑戦者の方が押していたのだが、「七番を通じて、良くなった将棋を勝ちに行くのが早すぎた」(米長)。米長の自信が勝ちを焦らせたのか、しからば中原のオーラが米長を急がせたのか。名局はなかったが、名勝負だったと思う。将棋も面白かったし、米長のキャラにつられて中原もたまに軽口を叩いたり、楽しい名人戦だった。升田もオススメです(笑)

なお、これで中原は十六世名人の資格を獲得。結果だけを見ればストレート5連覇で圧勝だが、5回中4回もフルセットになっている。一つ間違えれば、「中原十六世名人」は生まれなかったのかもしれない。

写真も従来よりかなり増え、この名人戦観戦記もいい感じになってきた。なのに…(2003Jun22)



【関連書籍】

[ジャンル] 
名人戦観戦記
[シリーズ] 
[著者] 
朝日新聞学芸部
[発行年] 
1976年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第三十五期 将棋名人戦 全記録


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved