2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■Cosmos81

< | No.714 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > Cosmos81
Cosmos81 Cosmos81 [総合評価] C

絵:C
ストーリー:B
構成:B
キャラ:B

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 丸電ユキオ
【出版社】 
発行:1999年5月〜2001年4月 ISBN:
定価: 101ページ


【本の内容】
「詰将棋パラダイス」連載(1999年5月〜2001年4月)。
※作者HP
MARUDEN─丸電ユキオホームページ より、TIFF形式で無料ダウンロードできます。
こちらのイラストの下の「ダウンロード」のリンク上で右クリック → 「対象をファイルに保存」)


【レビュー】
中学生がコンピュータ将棋選手権で奮闘する姿を描いた将棋漫画。「詰将棋パラダイス」掲載。

【登場人物紹介】
けんじ:コンピュータ将棋プログラム「こすもす」を製作する男子中学生。中1。高校数学・微積分の問題集2冊を一晩で解く。
波野りぼん:ツインテールとセーラー服が目印の天才女子中学生。中1。47手の余詰めを瞬時に解く。しかしその正体は……?

けんじ君の作った未熟な将棋プログラムが、りぼんの登場により急速な成長を遂げ、コンピュータ将棋選手権で破竹の快進撃を進めていく。ラストは驚愕の展開(は言い過ぎか)で、りぼんの正体が判明する。

作者の丸電ユキオ氏は「詰パラ」誌に四度の漫画連載をしており、本作はデビュー作。コンピュータ将棋選手権にも参加経験がある(p51参照)

舞台がコンピュータ将棋ということで、ルーチンやら探索やらの話も出てくるため、ある程度コンピュータ将棋の知識が必要。逆に、毎年コンピュータ将棋選手権の結果をチェックしているくらいの人なら、「このソフトのモデルは○○」のようなマニアックな楽しみ方ができそうだ。2001年で連載終了しているのに、2005年6月のBonanza登場を予測していたかのような記述もあるのはちょっと驚いた。

この時点では、絵のレベルは高いとは言えず、漫画商業誌連載は少し厳しい。ただし、りぼんは可愛い(主観です)。表紙画像だとネコ耳娘のように見えますが、違います(笑)。

ストーリー、キャラともにもう少し練りこんだらさらに良くなったと思うが、このままでもなかなか楽しめた。無料でダウンロードできるので、とにかく読んでみてください。ただし、完全に将棋マニア向けで、一般人には理解困難だと思います。(2008Jun22)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋コミック
[シリーズ] 
[著者] 丸電ユキオ
[発行年] 2001年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > Cosmos81


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved