2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■將棋の詰め方

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 將棋の詰め方
將棋の詰め方
zoom
入門百科叢書
將棋の詰め方
 

【著 者】 土居市太郎 影山稔雄
【出版社】 大泉書店
発行:1951年2月
(1963年3月再版)
ISBN:
定価:220円 378ページ/19cm/H.C.


【本の内容】
第一編 詰め方の原理 第一章 將棋の實力
第二章 詰め手と詰將棋
第三章 終盤の寄せ
第四章 必至と縛り手
第五章 王手と合駒
26p
第二編 詰め駒活用篇 第一章 王の守り方
第二章 飛車の使い方
第三章 角の使い方
第四章 金の使い方
第五章 銀の使い方
第六章 桂馬の使い方
第七章 香車の使い方
第八章 歩の使い方
126p
第三編 必至と合駒篇 第一章 必至のかけ方
第二章 合駒の打ち方
49p
第四編 詰め手實戰篇 第一章 相櫓終盤戰
第二章 四間飛車攻略戰
第三章 急戰石田流逆破
第四章 對中飛車戰
第五章 向飛車崩し
第六章 袖飛車崩し
第七章 棒銀撃破戰
第八章 筋違い角破り
第九章 相懸り戰の變化
第十章 新傾向相腰掛銀の對戰
91p
第五編 詰將棋問題篇 第一章 詰將棋の解き方
第二章 練習曲八番
第三章 初級向十五番─七手詰より二十一手詰迄
第四章 中級向十五番─九手詰より二十三手詰迄
第五章 上級向十五番─十三手詰より四十三手詰迄
第六章 曲詰式問題=3問
第七章 大道詰將棋問題=7問
84p

◆内容紹介(序より抜粋)
本書の刊行にあたつては、實戰第一を眼目として、終盤戰に現われ易い形を、あらゆる角度から分解究明して、實戰に役立つ好見本として要約する方法を採りました。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
寄せの手筋
[シリーズ] 入門百科叢書
[著者] 
土居市太郎 影山稔雄
[発行年] 
1951年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 將棋の詰め方


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved