2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■中盤戦のかけひき

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 中盤戦のかけひき


◆[棋書ミシュラン!]の中を検索
 (書名・著者名などを入力)
 powered by Google
(新着情報は反映されるまでに数日〜数週間かかることがあります)


≪Amazonにはありません≫

中終盤のかけひき
zoom
将棋タウンさんthx!
将棋初級講座
中盤戦のかけひき
 
【著 者】 大山康晴
【出版社】 金園社
発行:1971年8月 ISBN:
定価:450円 338ページ/19cm/H.C.


【本の内容】
第一章 矢倉戦法 ・矢倉戦法(定跡)
(1)急戦矢倉
(2)3五歩交換
(3)5五歩位取り
80p
第二章 向飛車の奇襲 (1)端桂の奇手
(2)敵の動きを見よ
(3)意表を衝く
24p
第三章 中飛車戦法 ・ツノ銀中飛車 28p
第四章 三間飛車戦法 ・振飛車のサバキ 14p
第五章 四間飛車戦法 (1)攻める四間飛車
(2)後手の新対策△5三銀左型
(3)飛車の活用
(4)さばく四間飛車
(5)敵の手に乗る指し方
(6)▲7八金型の攻防
94p
第六章 位取り四間飛車
(▲7五歩位取り四間飛車)
(1)位取り四間飛車その1
(2)位取り四間飛車その2
(3)位取り四間飛車その3
(4)位取り四間飛車その4
(5)位取り四間飛車持久戦法
(6)四間飛車4五銀急戦型(玉頭銀)
90p

◆内容紹介(著者のことばより抜粋)
本書は、こうした中盤戦の面倒さを私の実戦を題材に採って、読者の負担を少しでも軽くなるようにと配慮したつもりである。であるから、従来のように定跡型よりはずれて、中盤のかけひき、相手の心理状態を判断しての奇を臨む変化も少々述べてある。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
自戦解説
[シリーズ] 
将棋初級講座
[著者] 
大山康晴
[発行年] 
1971年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 中盤戦のかけひき


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved