2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■粋鏡なる試み 棋道を巡る職人魂

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 粋鏡なる試み 棋道を巡る職人魂
粋鏡なる試み 棋道を巡る職人魂
zoom
粋鏡なる試み
棋道を巡る職人魂
 

【著 者】 鶴木遵
【出版社】 百年書房
発行:2015年3月 ISBN:978-4-907081-05-8
定価:2,160円 233ページ/19cm


【本の内容】
序章 粋鏡庵とは?
第1章 江戸職人の血
第2章 前沢碁盤店4代目前沢道雄
第3章 職人丸山昭齋
第4章 駒と駒師〜名工世界〜
第5章 龍祖の駒八部作と駒師吉岡出石
第6章 棋士たちと
終章 将棋文化の未来へ

◆内容紹介
棋士が戦士であるならば、さしずめ盤は戦場、駒は刀ということになるだろう。戦士について書かれたものは多いが、戦場と刀について書かれたものはあまりにも少ない。日本将棋連盟棋士会特別アドバイザー、竹井粋鏡の半生から棋具・棋道に迫る、作家・鶴木遵書き下ろし最新作。
帯推薦文/佐藤康光九段、飯塚祐紀七段
写真撮影/石山勝敏


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
その他
[シリーズ] 
[著者] 
鶴木遵
[発行年] 
2015年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 粋鏡なる試み 棋道を巡る職人魂


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved