2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■透明の棋士

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 透明の棋士
透明の棋士
zoom
透明の棋士  

【著 者】 北野新太
【出版社】 ミシマ社
発行:2015年5月 ISBN:978-4-903908-63-2
定価:1,080円 112ページ/19cm


【本の内容】
発端 生まれた理由/夢、遠くても/涙する強さ/里見香奈の青春/棋士が棋士であるために/復活の日/敗れてもなお/真夏の超克/星々の街/after the fight 戦いの後で/二人/闘志について語る時に羽生の語ること/羽生について語る時に渡辺の語ること/羽生について語る時に森内の語ること/先駆者の訪問/奪還 震える夜/
夢のつづき 生きていく理由/透明の棋士

◆内容紹介
今の私にとって、 将棋以上に魂の震える対象はない―
将棋とは無縁の人生を歩んできた著者が出会った、ひとりの棋士。その出会いをきっかけにのめりこんだ将棋には、静かに燃える数々のドラマがあった。 羽生善治、渡辺明、森内俊之、里見香奈...... 報知新聞社の熱き記者が描く、今までにない将棋の世界!
ミシマ社のウェブ雑誌「みんなのミシマガジン」で圧倒的な支持を誇る人気連載が、ついに書籍化!

◆著者について
1980年、石川県生まれ。学習院大学在学時に雑誌『SWITCH』で編集を学び、2002 年に報知新聞社入社。以来、記者として編集局勤務。運動第一部読売巨人軍担当などを経て、文化社会部に在籍。
2010 年より主催棋戦の女流名人戦を担当。2014年、NHK将棋講座テキスト「第63回NHK杯テレビ将棋トーナメント準々決勝 丸山忠久九段 対三浦弘行九段 『疾駆する馬』」で第26 回将棋ペンクラブ大賞観戦記部門大賞受賞。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
ノンフィクション
[シリーズ] 
[著者] 
北野新太
[発行年] 
2015年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 透明の棋士


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved