2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■実力三段特訓コース

< | No.0764 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 実力三段特訓コース
実力三段特訓コース
zoom
実力三段特訓コース [総合評価] C

難易度:★★★☆

見開き1問
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解答の裏透け:C
解説:B
上級〜有段向き

【編】 週刊将棋
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1997年1月 ISBN:4-89563-668-2
定価:1,000円 222ページ/18cm


【本の内容】
・次の一手問題=110問

◆内容紹介(「本書の読み方」より抜粋)
熱心な将棋ファンがどうしてもなりたい段位、それが三段であろう。初段がとりあえずの目標とすれば、三段はその次の大目標、どこに出ても恥ずかしくない段位だといえる。観戦記や専門誌などを通して、プロの凄さを本当に実感できるようになるのもこのころだ。
本書は、「週刊将棋」に掲載された
三段認定問題の中から特に優れた問題を厳選し、一冊にまとめたものだ。(中略)全110問中、80問以上正解なら「実力三段」はあるだろう。


【レビュー】
次の一手問題集。週刊将棋誌の「段級位認定次の一手・三段コース」に出題されたものを撰集したもの。80問(73%)以上正解なら三段認定。

問題図下に一行ヒントと週刊将棋掲載時の正解率あり。選択肢はなし。この辺は二段コースと同じ。

姉妹書の『実力二段特訓コース』(1996)に比べると、難易度はほとんど変わらない。私が解いたのは初段→二段→三段の順だったが、初段と二段の間には少し差があるように感じたが、二段と三段はほぼ同じ。正解率50%以下の問題の割合も3割程度で、やはり同じ。むしろ、慣れてきたせいなのか、三段コースの方が解きやすく感じたくらいだ。

いつものMYCOM系・次の一手問題集。(2009May01)



【関連書籍】

[ジャンル] 
次の一手問題集
[シリーズ] 
[著者] 
週刊将棋
[発行年] 
1997年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 実力三段特訓コース


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved