2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■修羅の棋士 実録裏将棋界

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 修羅の棋士 実録裏将棋界
(オリジナル版)
修羅の棋士
zoom
修羅の棋士
実録裏将棋界
 

【著 者】 宮崎国夫
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:1995年3月 ISBN:4-89563-627-5
定価:1,165円 221ページ/19cm
(文庫版)
修羅の棋士(文庫版)
zoom
幻冬舎アウトロー文庫
修羅の棋士
実録裏将棋界
 

【著 者】 宮崎国夫
【出版社】 幻冬舎
発行:1997年12月 ISBN:4-87728-554-7
定価:520円(5%税込) 269ページ/16cm


【本の内容】
青字はオリジナル/文庫で共通のものです。

【オリジナル版】
最後の真剣師・大田学/日本一のくすぶり・加賀敬治/悪いやつ・小池重明/加賀VS小池死闘十五番勝負/アマ・プロ指し込み三番勝負/逃避行/将棋だけが人生/史上最強のアマ名人・平畑善介/こぼれ話・三崎巌VS加藤一二三/本物の真剣師・上田久雄

【文庫版】
最後の真剣師・大田学/日本一のくすぶり・加賀敬治/悪いやつ・小池重明/史上最強のアマ名人・平畑善介/本物の真剣師・上田久雄/真剣師の心得/真剣師の裏技/術/通しの功罪/謎の大道詰将棋

◆内容紹介
万が一負ければ、有り金すべてとプライドを失う…。将棋に自らの存在意義を賭けた男たちがいた。「新宿の殺し屋」の異名を取った小池重明、その実力はプロにも恐れられた加賀敬治、そして映画のモデルにもなった大田学。裏将棋界に身を置いた、伝説の真剣師の壮絶な生きざま、真剣勝負の一局一手を息遣いまで蘇らせた迫真のドキュメント。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
ノンフィクション
[シリーズ] 
[著者] 
宮崎国夫
[発行年] 
1995年 1997年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 修羅の棋士 実録裏将棋界


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved