2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■詰めと必至

< | No.0410 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 詰めと必至
(オリジナル版)
詰めと必至(旧版)
zoom
詰めと必至 [総合評価] B

難易度:★★★★

見開き一問一答(問題部)
図面:見開き4枚(解説部)
内容:(質)A(量)A
レイアウト:B
解答の裏透け:C
解説:B
上級〜有段向き

Not found at Amazon.co.jp

【著 者】 内藤国雄
【出版社】 東京書店
発行:1978年? ISBN:
定価: 214ページ/19cm
詰めと必至
zoom
詰めと必至 [総合評価] B

難易度:★★★★

見開き一問一答(問題部)
図面:見開き4枚(解説部)
内容:(質)A(量)A
レイアウト:B
解答の裏透け:C
解説:B
上級〜有段向き

【著 者】 内藤国雄
【出版社】 東京書店
発行:2000年9月 ISBN:4-88574-428-8
定価:1,400円 214ページ/19cm


【本の内容】
1部 必至 1章 必至について 必至と一手すき/必至と詰め将棋/玉方の持ち駒の制限 10p
2章 例題と解説 一手必至/二枚飛車の寄せ/打ち歩詰めの回避/挟撃
/王手は「追う手」/桂馬の特長(1)(2)/ハシ玉の攻防
/香車の特長/長編必至(1)(2)/玉は下段に追え
/アキ王手(1)(2)/一ヵ所への攻撃/美濃囲い攻略(1)(2)
/逃げない手、取らない手/プラスの手マイナスの手
/両必至(必至逃れの必至)
40p
3章 必至問題集 必至問題=16問(1手必至〜9手必至) 34p
4章 両必至問題集 詰めろ逃れの必至問題=20問 42p
2部 詰め将棋 1章 詰め将棋の話あれこれ 詰め将棋の話あれこれ/詰め将棋の創作法
/詰め将棋のできるまで/私の詰め将棋メモから
18p
2章 詰め将棋問題集 詰将棋=52問(5手詰〜17手詰) 106p

◆内容紹介
詰め将棋は気楽に楽しめる「頭の体操」。自然に駒の感覚がみがかれ、読む力もつく詰め将棋と、必至をあわせて解説。例題と解説、必至問題集などを掲載する。


【レビュー】
必至問題の解説+詰将棋問題集。

前半は必至の解説。多くの例題を用いて、必至のパターンを詳解。特に2章は難度が高く、有段者でも骨の折れる問題が多い。解説の難度も高いので、自信のある人はチャレンジしてみるといい。

1部4章の「両必至問題」とは、“自玉にかかっている詰めろをほどきながら、形勢を逆転させる”という次の一手問題。「両必至」というからには、“必至逃れの必至”のように思えるが、そういう問題ばかりではない。2章に比べると結構易しめ。

後半はオーソドックスな詰将棋問題集。著者は「易しい詰将棋」と言っているが、わたし的にはかなり難しかった。詰将棋作家のいう「易しい」は一般ファンにはあまり当てにならないな…(汗)。難度は、[1部2章]>[2部2章]>[1部3章]>[1部4章]と感じた。

やや難度は高めだが、必至問題が好きな人は持っておいて損はない。ただ、1部と2部は完全に独立しているので、もうちょっと量を増やして2冊に分離してくれた方が良かったかも。

あと、ちょっと残念なのが裏透け。解答がモロ見えである。割としっかりした紙なのだが…。(2004Nov15)



【関連書籍】

[ジャンル] 
必至問題
[シリーズ] 
[著者] 
内藤国雄
[発行年] 1978年? 
2000年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 詰めと必至


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved