2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■蛹たちは校庭で 名門岩清水中学将棋部殺人事件

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 蛹たちは校庭で 名門岩清水中学将棋部殺人事件
蛹たちは校庭で
zoom
蛹たちは校庭で
名門岩清水中学将棋部殺人事件
 

【著 者】 釣巻礼公
【出版社】 出版芸術社
発行:1996年9月 ISBN:4-88293-126-5
定価:1,844円 410ページ/20cm


【本の内容】
◆内容紹介
中学生―大人と子供の間羽化を待つ蛹(さなぎ)。小説現代推理新人賞作家・釣巻礼公が、今まで誰にも書かれなかった思春期の神秘を描く本格推理長編第一作!
名門・岩清水中学の将棋部部室で副部長の小雪が殺された。死体の両耳は無惨にも切りとられていた。小雪が残した
詰め将棋に隠されたメッセージを手掛かりに、ノホホン少女・九十九桂が事件に挑む。しかし、またしても女子部員が第二の犠牲者に。今度は舌を切りとられて…。彼女には『援助交際』の噂があった。やがて、犯人の魔の手は桂にも襲いかかる。大人と子供の間の『蛹』の季節を生きる中学生。成長、いじめ、自殺そして援助交際といった、様々な問題に不安と戸惑いを感じながらも彼等は「負けるもんか」と事件に立ち向かう。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋小説・ミステリー
[シリーズ] 
[著者] 釣巻礼公
[発行年] 
1996年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 蛹たちは校庭で 名門岩清水中学将棋部殺人事件


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved