2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■天狗太郎将棋小説集 将棋の鬼

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 天狗太郎将棋小説集 将棋の鬼
将棋の鬼 天狗太郎将棋小説集
将棋の鬼
 

【著 者】 天狗太郎
【出版社】 構想社
発行:1998年5月 ISBN:4-87574-064-6
定価:1,700円 242ページ/20cm


【本の内容】
賭将棋の鬼神田辰之助
泣き将棋
駒師二代目金龍
耳無し柳雪
その風貌・姿勢(藤野邦康著)

◆内容紹介
憑かれたように逆境を行く。権門の時代遅れの秘定跡に抗する将棋指し、彫駒の美に魅せられた幕末の武士など…。名観戦記者とうたわれ、将棋の文化史研究の一人者だった本名・山本亨介の没後に遺されたコクのある将棋小説集。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋小説・ミステリー
[シリーズ] 
[著者] 
天狗太郎
[発行年] 
1998年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 天狗太郎将棋小説集 将棋の鬼


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved