2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■小説天野宗歩(1) 富士見の玉将/棋聖忍者天野宗歩(1) 富士見の玉将

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 小説天野宗歩(1) 富士見の玉将/棋聖忍者天野宗歩(1) 富士見の玉将
小説天野宗歩(1) 富士見の玉将
zoom
小説天野宗歩(1)
富士見の玉将
 

【著 者】 斎藤栄
【出版社】 光風社出版
発行:1987年2月 ISBN:4-87519-319-X
定価:1,300円 372ページ/20cm/H.C.
(文庫版)
棋聖忍者天野宗歩(1)
集英社文庫
棋聖忍者天野宗歩(1)
富士見の玉将
 

【著 者】 斎藤栄
【出版社】 集英社
発行:1993年12月 ISBN:4-08-748103-4
定価:590円 341ページ/16cm


【本の内容】
謎の棋客/乱れ胡蝶/十代宗桂の死/父の悲劇/入門の日/大橋英長/駒と父親/吐血の人/ビヤボン/炎の最期/花と嵐と

◆内容紹介
天野宗歩。幼名留次郎。文化13年江戸生まれ。5歳で将棋家大橋宗桂門下に入り、11歳で初段、31歳で7段に昇るが、将棋名家の出身ではないため、それ以上は許されなかった。しかし、実力は13段といわれ、「棋聖」と呼ぶに相応しい不世出の天才棋士だった。44歳で没するが、その生涯は謎の部分が多い。大胆な構想とミステリアスな展開で描く全8巻の第1巻は、出生の謎から、修業のため、師に京に上る許しを得るまでを綴る。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋小説・ミステリー
[シリーズ] 小説天野宗歩 棋聖忍者天野宗歩
[著者] 
斎藤栄
[発行年] 
1987年 1993年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 小説天野宗歩(1) 富士見の玉将/棋聖忍者天野宗歩(1) 富士見の玉将


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved