2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■老いと勝負と信仰と

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 老いと勝負と信仰と
老いと勝負と信仰と
zoom
ワニブックスPLUS新書
老いと勝負と信仰と
 

【著 者】 加藤一二三
【出版社】 ワニブックス
発行:2011年4月 ISBN:978-4-8470-6035-9
定価:798円(5%税込) 191ページ/18cm


【本の内容】
はじめに 棋士として騎士として
第1部 勝負と信仰 勝負も信仰も“真剣に”勝ち取るものである/祈りは人を強くする勝負強くする/「直感精読」初めに感じたことが正しい/剛毅と柔和を知ればおそれない、ひるまない/人は不完全だからおもしろい、だから生まれる勝負のあや/ほか  
第2部 71歳生涯現役
加藤一二三の元気の源
将棋/駒落ち/好敵手/好敵手(2)/次世代/猫の絵本/ほか  

あとがきの前に 新加藤一二三伝説

◆内容紹介
71歳のいまも現役、棋士生活は56年を超え、その通算対局数、通算敗戦数は歴代一位、そして現在も更新中という加藤一二三九段。
対局時の出前は昼夜うな重、対局中に音が気になり人口の滝を止めさせたなど、ユニークな逸話が多数。猫好きでもあり、自宅マンションそばで野良猫に餌付けしたことに端を発する近隣との訴訟問題でも注目された。
敬虔なカトリック教徒としても知られる著者が、自らの信仰と勝負哲学、そして確実に迫る老いにたいしてどう向き合っているのかという内面を記した本書には、リタイア後も、現役、そして生き生きと暮らすためのヒントが満載です。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
エッセイ
[シリーズ] ワニブックスPLUS新書
[著者] 
加藤一二三
[発行年] 
2011年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 老いと勝負と信仰と


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved