2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■横歩取り最前線 いま、プロが注目する2つの手段

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 横歩取り最前線 いま、プロが注目する2つの手段
横歩取り最前線 いま、プロが注目する2つの手段
zoom
マイナビ将棋BOOKS
横歩取り最前線
いま、プロが注目する2つの手段
 

【著 者】 日浦市郎
【出版社】 マイナビ出版
発行:2016年10月 ISBN:978-4-8399-6119-0
定価:1,663円 224ページ/19cm


【本の内容】

・基本図まで

第1章 △2四飛ぶつけ 実戦例1 森内―郷田戦
実戦例2 大石―瀬川戦
実戦例3 飯島―木村戦
実戦例4 阿部光―村田顕戦
実戦例5 中村太―横山戦
実戦例6 澤田―村田顕戦
実戦例7 糸谷―三浦戦
実戦例8 糸谷―羽生戦
実戦例9 渡辺明―佐藤天戦
実戦例10 渡辺明―木村戦
実戦例11 阿久津―佐藤天戦
実戦例12 森内―佐藤天戦
実戦例13 松尾―行方戦
実戦例14 金井―北島戦
実戦例15 深浦―橋本戦
実戦例16 糸谷―稲葉戦
補足 飛交換拒否の変化
 
第2章 △8六歩の合わせ 実戦例17 渡辺明―稲葉戦
実戦例18 佐藤天―船江戦
実戦例19 高野秀―斎藤戦
実戦例20 瀬川―遠山戦
実戦例21 金井―梶浦戦
実戦例22 郷田―橋本戦
実戦例23 橋本―稲葉戦
実戦例24 森内―山崎戦
実戦例25 三浦―山崎戦
実戦例26 屋敷―佐藤天戦
実戦例27 糸谷―豊島戦
実戦例28 増田康―稲葉戦
実戦例29 羽生―豊島戦
実戦例30 船江―高見戦
補足 ▲3六歩以外の手
 
第3章 その他の戦型 実戦例31 屋敷―稲葉戦
実戦例32 屋敷―稲葉戦
実戦例33 羽生―木村戦
 
第4章 次の一手    

・データで見る横歩取り

◆内容紹介
本書では横歩取りの今現在の流行型である
△8四飛・7二銀・5二玉型、その中でも一番激しい変化に絞って解説している。面白い変化がいっぱいあるので一度将棋盤に並べていただきたい」(まえがきより)

本書は日浦市郎八段がプロ・アマ問わず流行している横歩取りにおいて、特に頻出の
2つの形「△2四飛ぶつけ」と「△8六歩合わせ」に絞って、プロの実戦を題材に解説するものです。


第1章の「△2四飛ぶつけ」では初期の△2四飛▲同飛△同銀▲8四飛の変化から最新の△2四飛▲同飛△同銀▲8六歩の変化まで時系列に沿って詳しく解説、どのような曲折を経てこの形が指されるようになったのかがよく分かります。

第2章の「△8六歩の合わせ」ではそもそも▲3六歩に△2四飛ぶつけはなぜ成立しないのか?から始まり、▲3六歩△8六歩▲同歩△同飛▲3五歩△8八飛成▲同銀△5五角打以下の変化を徹底的に解説しています。こちらもプロの細かい工夫の積み重ねがよく理解できる内容になっています。

本書を読めば、「今プロが何を問題にしているのか」も、その前提条件となる変化についても精通することができます。アマチュアでも大流行の横歩取りですが、ライバルに一歩も二歩も先んじることができるでしょう。

最新戦術書としても、プロ棋戦の観戦ガイドとしても非常に有用な一冊です。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
横歩取り
[シリーズ] 
[著者] 
日浦市郎
[発行年] 
2016年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 横歩取り最前線 いま、プロが注目する2つの手段


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved