2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■必修!相振り戦の絶対手筋105

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 必修!相振り戦の絶対手筋105
必修!相振り戦の絶対手筋105
zoom
マイナビ将棋BOOKS
必修!相振り戦の絶対手筋105
 

【著 者】 杉本昌隆
【出版社】 マイナビ
発行:2015年4月 ISBN:978-4-8399-5548-9
定価:1,598円 240ページ/19cm


【本の内容】
序 章 相振り飛車の考え方
第1章 序盤感覚の絶対手筋10
第2章 揺さぶり・攻めの絶対手筋25
第3章 攻め・囲い崩しの絶対手筋20
第4章 守りの絶対手筋20
第5章 相振り戦次の一手20
第6章 相振り戦実戦次の一手10

・【コラム】(1)うさぎの耳 (2)本が出来上がるまで (3)サインしづらいもの (4)まわり将棋のプロ (5)振り飛車教室

◆内容紹介
「必修!絶対手筋」シリーズ第2弾は相振り飛車。杉本昌隆七段が相振り飛車で現れやすい手筋をパターン化して、丁寧に解説しています。

杉本七段は、現代の相振り飛車で意識すべきことを次の3つだとしています。

 「三間・美濃・さばき」

そして、どの戦型にも共通する重要手筋が「端攻め」。本書ではこれらの必須キーワードを元に、現代相振り飛車を系統立て、手筋として紹介しています。

初手から1手ずつ進めていく従来の戦術書は、一つの定跡を<線>として深く学ぶためのものでした。しかし、相振り飛車では定跡通りに進むことはまれです。実戦において、指し手を考える道しるべとなるのが手筋です。本書でたくさんの手筋を<点>として身に付ければ、定跡以上に実戦で役立つことは間違いありません。

最後に、相振り飛車に悩める将棋ファンに杉本七段の言葉を贈ります。「基本さえ踏まえておけば、相振りの指し方は自由です」 楽しい現代相振り飛車の世界、その一端を本書でご堪能いただければ幸いです。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
その他の手筋
[シリーズ] マイナビ将棋BOOKS
[著者] 
杉本昌隆
[発行年] 
2015年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 必修!相振り戦の絶対手筋105


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved