2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■神の領域に挑む者 〜棋士それぞれの地平〜

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 神の領域に挑む者 〜棋士それぞれの地平〜
神の領域に挑む者 〜棋士それぞれの地平〜
zoom
神の領域に挑む者
〜棋士それぞれの地平〜
 

【著 者】 鈴木輝彦
【出版社】 マイナビ
発行:2014年1月 ISBN:978-4-8399-5018-7
定価:1,575円(5%税込) 232ページ/19cm


【本の内容】
第1章 王者の系譜 漂えど沈まず/羽生善治
そして神戸/谷川浩司
富士の如くに/中原誠
 
第2章 将棋界を彩った千両役者 晩節香る/原田泰夫
本当の自由を味わう/佐藤大五郎
半身の姿勢/木村義徳
筋を通して生きる/高島弘光
 
第3章 今を創る現役棋士 神の領域に挑む男/佐藤康光
天才とはサービス精神/内藤國雄
将棋だけでいい/森下卓
中間は求めない/深浦康市
自分らしく生きる/山田久美
もう一度鍛え直す/三浦弘行
棋士になるために生まれてきた/久保利明
石の上にも13年/近藤正和
 

◆内容紹介
鈴木輝彦八段が棋士の本音に迫り、将棋世界誌上で5年以上に及ぶ長期連載となった「棋士それぞれの地平」。

勝者と敗者が明確に区別される世界で生きる頭脳集団。脚光を浴びるスター棋士だけが存在するわけではなく、それぞれが自らの才能と結果に折り合いをつけ、生きています。そこには自負もあれば悲哀もあり、神を目指す視線もあれば、後進の育成を願う優しい目も存在します。

まさに、棋士本人が語る、「それぞれの地平」がここにあります。

佐藤康光九段は鈴木八段の問いにこう述べています。

鈴木 名人位や竜王位、タイトルとは何だろう。
佐藤 選ばれるのだと思います。これは人格とかではなくて、技術です。
鈴木 人間的にと思われてるけど、高度な技術ですか。
佐藤 神の領域を目指しています。強くなる余地はいくらでもあると思っています。負けるのは基本的に技術が足りないからです。目指せる席にいたいです。
鈴木 神の領域はどうだろう。宇宙の果てを見にいくと帰って来れないよ(笑)。でもその覚悟は尊い。席というのはA級ですか。
佐藤 A級は席でもないです。タイトルでしょう。


将棋界という厳格な世界に生きている人々だからこそ、その言葉は強く響きます。
ぜひ本書を手に取って、棋士の言葉と、その人生を感得してください。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
棋士分析
[シリーズ] 
[著者] 
鈴木輝彦
[発行年] 
2014年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 神の領域に挑む者 〜棋士それぞれの地平〜


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved