2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■最後の握手 昭和を創った15人のプロ棋士

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 最後の握手 昭和を創った15人のプロ棋士
最後の握手 昭和を創った15人のプロ棋士
zoom
マイナビ将棋BOOKS
最後の握手
昭和を創った15人のプロ棋士
 

【著 者】 河口俊彦
【出版社】 マイナビ
発行:2013年12月 ISBN:978-4-8399-4999-0
定価:1,575円(5%税込) 224ページ/19cm


【本の内容】
第1章 大山康晴の時代 ・大山康晴 勝負に徹した巨人
・山田道美 その1 大山の厚い壁
・山田道美 その2 我が道を往く
・山田道美 その3 研究の限界
・二上達也 その1 二番手の強さ
・二上達也 その2 無事を貫く力
・丸田祐三 その1 三段跳びの才
・丸田祐三 その2 小太刀の名手
・丸田祐三 その3 秘めた対抗心
 
第2章 特別書き下ろし ・真部一男 その1 孤高の棋士
・真部一男 その2 敗北の美学
・〈追悼〉真部一男
・森下 卓 駒得は裏切らない
 
第3章 将棋界を支えた棋士たち ・高柳敏夫 その1 棋界一の名門
・高柳敏夫 その2 正常なる異常
・原田泰夫 その1 正座を貫く
・原田泰夫 その2 駒音高らかに
・原田泰夫 その3 鮮やかな引き際
・森安秀光 瞬時の輝き
・勝浦修 名三役の切味
 
第4章 現役棋士を語る ・森けい二 剃髪の名人戦
・南芳一 無口な男の謎
・深浦康市 相性を生かす
・屋敷伸之 お化けの牛歩
 
第5章 我が師 ・小堀清一 将棋学徒の泪  

◆内容紹介
本書に登場するのは、戦後の復興期以後の将棋界を内部から支えた人達である」(本文より)

大山、升田が表舞台で活躍し、加藤治郎、丸田祐三、原田泰夫といった人達が将棋界内部をしっかり支えていた、それが昭和の将棋界だったと著者は言っています。大山十五世名人は盤外戦術も駆使して山田道美、二上達也といった若手の前に立ちふさがり、丸田祐三は類稀なる事務処理能力で、棋界の帳簿を握っていました。
まだ日本が貧しく、将棋界の制度も確立されていなかった時代、そこには将棋界全体にも影響する個の力がありました。

本書ではその時代を実際に見てきた老師・河口俊彦七段が当時の人間模様を鮮やかに描いています。
さらに、特別書き下ろしとして加えた真部一男九段、森下卓九段編を追加。屋敷伸之九段、深浦康市九段といった現在のトップ棋士にまで筆は及びます。

本書で、将棋と時代に翻弄されながら個を貫いた15人のプロ棋士の人生に触れてみてください。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
ノンフィクション
[シリーズ] 
[著者] 
河口俊彦
[発行年] 
2013年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 最後の握手 昭和を創った15人のプロ棋士


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved