2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■後手番で勝つ!中座の横歩取り

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 後手番で勝つ!中座の横歩取り
後手番で勝つ!中座の横歩取り
zoom
マイナビ将棋BOOKS
後手番で勝つ!中座の横歩取り
 

【著 者】 中座真
【出版社】 マイナビ
発行:2015年5月 ISBN:978-4-8399-5570-0
定価:1,663円 224ページ/19cm


【本の内容】
序章 現代横歩取りの概要    
第1章 G7 △7二銀 分岐まで ▲6八玉型対G7
第1節 ▲6八玉・3八銀型
第1項 ▲3八銀〜▲3六歩
第2項 ▲3八銀〜▲4六歩
第2節 ▲6八玉・4八銀型
第1項 ▲4八銀に△2三銀
第2項 ▲4八銀に△9四歩
第3項 ▲4八銀に△7四歩
第3節 ▲5八玉型
 
第2章 G6 △6二銀 第1節 ▲5八玉・3八金型
 第1項 △7四歩に▲3六歩
 第2項 △7四歩に▲1六歩
 第3項 △9四歩に▲3六歩
 第4項 △9四歩に▲1六歩
第2節 ▲5八玉・3八銀型
 第1項 △8五飛に▲7五歩
 第2項 △8五飛に▲3七銀
 第3項 ▲3六歩に△9四歩
 
第3章 G2 △2三銀 第1節 ▲4八銀・3八金型
 第1項 ▲4八銀に△2三銀
 第2項 ▲3六歩に△8七角成
 第3項 △3三桂に▲3七銀
 第4項 △1五歩に▲7五歩
第2節 ▲4八銀・3六歩型
 
第4章 △8五飛戦法 第1節 △8五飛・4一玉型対▲7七角
 第1項 △7三桂に▲4八銀
 第2項 △7三桂に▲1六歩
第2節 △8五飛・5二玉型対▲7七角
 
第5章 次の一手    

・【コラム】(1)棋士とコンピュータソフト・前編 (2)棋士とコンピュータソフト・後編

◆内容紹介
本書は、中座真七段が現在プロ棋界で大流行の横歩取り戦法を後手番視点で解説したものです。 作戦選択を体系的にまとめ、攻め手筋のパターン化を図っている点が他の戦術書との大きな違いで、まさに後手番横歩取りの決定版といえる一冊です。
 
まずは作戦選択ですが、現代横歩取りにおける先手番の形は、主に(1)▲6八玉型、(2)▲5八玉型、(3)▲4八銀型の3つ。
対して後手は(1)△7二銀型、(2)△6二銀型、(3)△2三銀型という3つの作戦が考えられ、先手の選択を見て後手は形を選ぶことになります。 本書ではこの作戦選択を整理しています。級位者の方でも、最新形の手順だけでなく、その指し手の意味を理解できるはずです。

具体的な工夫としては、各節の冒頭では形の持つ意味や考え方を、最後にはポイントをまとめています。指し手を繰り返し並べ暗記していただくのではなく、理解に重きを置いた構成です。

また、「どう攻めればいいのか分からない」という方にとってありがたいのが、攻め筋のパターン化。横歩取りの攻め筋は多彩なようで、要点を押さえてさえいれば多少形が違っても応用が利きます。攻め筋を覚えて、使い分けられるようになればいいのです。

後手番横歩取りの急所を知るには、本書を読むしかありません。後手番横歩取りを極めて、ライバルたちをなぎ倒しましょう。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
横歩取り
[シリーズ] マイナビ将棋BOOKS
[著者] 
中座真
[発行年] 
2015年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 後手番で勝つ!中座の横歩取り


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved