2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■天辺

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 天辺
天辺 天辺  

【著 者】 清水市代
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2005年7月 ISBN:4-8399-1522-9
定価:1,680円(5%税込) 224ページ/19cm


【本の内容】
第1章 私のルーツ 夢中になる少女/アリとバラ線/市代/英会話/花瓶/躾
/カギのない部屋/将棋の家/勝敗は二の次/良い女
/日本語が通じない/お八つ
 
第2章 「将棋」の道を目指す 怪我の功名!?/魔法使い/天狗のハナ/ステキな世界
/女流将棋界って?/日本一高い山/入門/家出娘
/ピノキオの鼻/往復ピンタ
 
第3章 夢への一手 アマとプロの違い/走り続けるサラブレッド/スッピン
/「賞金稼ぎ」の夢/孤高の勝負師/富士山の頂上
/パーティー/一夜明けたら/お茶室/自分の城を買う
/不戦敗の危機
 
第4章 支えられ励まされ 出すことのないラブレター/絶望/戦友/一途なパワー/ご褒美
/忘れられない街/命名碑
 
第5章 天辺(てっぺん)への道 気持ちの持ちよう/ノブと引手―ちょっとの差/天辺の花
/悪魔のささやき/負けそう/強いほうが勝つわけではない
/敵は自分のこころ/ミスをくよくよしない/未知への挑戦
/時間/岐路/女神の微笑み/こだわらない心
/チャンスはある/未来につなげる
 
第6章 市代ワールド 史上初の全冠制覇/モーゼの十戒/取材のイロハ
/紅白の舞台に立つ/スタイリスト/ウルフ/牡蠣フライの教訓
/化粧と恋愛禁止令/ほっとする場所/五七五/父上を斬る
/剣客商売/I love グランマ
/病に倒れる/天道虫
 

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
将棋女流棋士トップの清水市代三冠(女流名人、女流王位、倉敷藤花)が自身の将棋や人生への取り組み方を通して、前向きな生き方、強く生きる知恵の数々をエピソードをまじえ語りかける。「限界と思ったその先に本当の限界がある」「丸暗記は身につかない、自分の頭で考える」「チャンスは誰にでも巡ってくる」など経験に裏打ちされた言葉は深く読者の胸に染みいってくるはず。また清水女流プロを育てた両親の育児法から、「積極的で真に自立したたくましい女性の育て方」も垣間見えてくる。1つのテーマは短く簡潔に、文章も明るいタッチで読みやすい内容となっている。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
エッセイ
[シリーズ] 
[著者] 
清水市代
[発行年] 
2005年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 天辺


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved