2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■四間飛車道場 第七巻 相穴熊

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 四間飛車道場 第七巻 相穴熊
四間飛車道場 第七巻 相穴熊 東大将棋ブックス
四間飛車道場 第七巻
相穴熊
 

【著 者】 所司和晴
【出版社】 毎日コミュニケーションズ
発行:2002年10月 ISBN:4-8399-0819-2
定価:1,260円(5%税込) 221ページ/19cm


【本の内容】
第1章 相穴熊の駒組み
第2章 6八銀型対5一金型
第3章 8六角型対5一金型
第4章 後手5二金型
第5章 先手6七金型
第6章 先手6六銀型

◆内容紹介(MYCOMホームページより)
相穴熊の流行は、ひとえに四間飛車穴熊側の工夫によるところが大きい。一昔前の四間飛車穴熊は、単純に玉を固めるだけで進展性に乏しく、居飛車側の銀冠に対して作戦負けとなることが多かった。ところが序盤の進歩により、攻撃的になった四間飛車穴熊は銀冠に対して互角以上に戦えるようになり、居飛車側は穴熊を選択することが多くなったのである。実戦例が多くなるにつれ、相穴熊においても序盤の重要性が高まってくる。本書にはそんな最新の攻防がびっちりと収められている。本書を読まずに四間飛車は語れない。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
四間飛車穴熊
[シリーズ] 
東大将棋ブックス
[著者] 
所司和晴
[発行年] 
2001年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 四間飛車道場 第七巻 相穴熊


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved