2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■将棋の来た道

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋の来た道
将棋の来た道
zoom
鉄人68号さんthx!
将棋の来た道  

【著 者】 大内延介
【出版社】 めこん
発行:1986年12月 ISBN:4-8396-0032-5
定価:1,500円 205ページ/20cm
将棋の来た道 小学館文庫
将棋の来た道
 

【著 者】 大内延介
【出版社】 小学館
発行:1998年12月 ISBN:4-09-416541-X
定価:540円(5%税込) 281ページ/16cm


【本の内容】
日本篇―兵どもが夢の跡に残された駒の謎
タイ篇(バンコクの名人たちとの熱い闘い/マーク・ルックの起源はチャトランガか)
中国篇(中国の象は河を渡れない/二千五百年前?象牙の駒との邂逅)
韓国篇(韓国の象は「用」の字に歩く/百済人が伝えた?日本の将棋)
インド・スリランカ篇(マハラジャの遊びシャトランジ/妻にチェスで負けたシヴァ神/インドから発した東西のチェス・ロード)

◆内容紹介
日本の将棋はいつ、どこから伝えられたのだろうか?棋界の実力者が、お隣りの韓国から中国、タイ、インド、スリランカと、将棋の起源を求めて各国の名人たちと対戦しながらたどるそのルーツ。ソウルで、北京で、台北で、バンコクで、デリーで、海南島で、香港の街角で対局を通して異国の人々と語り合い、チェスゲームとの接点にまで達する、スリリングな旅行記。これは遊びの文化の基に迫る異色の探検記であり、アジアという盤面を進む武者修行の旅でもある。写真・図版多数収録。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋史研究
[シリーズ] 
[著者] 
大内延介
[発行年] 
1986年 1998年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋の来た道


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved