2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■棋士になるには

< | No.0308 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 棋士になるには

zoom
なるにはBOOKS 72
棋士になるには
[総合評価] B

難易度:−

図面:−
内容:(質)A(量)B
レイアウト:B
解説:−
読みやすさ:A
中学生以上向き
就職指導者必読

【著 者】 大矢順正
【出版社】 ぺりかん社
発行:1994年3月 ISBN:4-8315-0618-4
定価:\1,165 171ページ/19cm
(改訂版)
棋士になるには(改訂版)
zoom
なるにはBOOKS 72
棋士になるには
(改訂版)
[総合評価] B

難易度:−

図面:−
内容:(質)A(量)B
レイアウト:B
解説:−
読みやすさ:A
中学生以上向き
就職指導者必読

【著 者】 松田茂行
【出版社】 土屋書店
発行:1999年7月 ISBN:4-8315-0773-3
定価:1,170円 179ページ/19cm


【本の内容】
1章 ドキュメント
世代交代の主役たち
・史上最年少名人の誕生(谷川浩司さん・将棋)
・十代で初のタイトル保持者(羽生善治さん・将棋)
・仮免棋士がタイトル奪取(中沢彩子さん・囲碁)
58p
2章 棋士になるには
将棋の世界
・【将棋─世界に誇る盤上遊戯】
  コンピュータでも勝てないプロ棋士の実力
・【将棋のルーツとあゆみ】
  将棋は、複雑で奥深い頭脳ゲームとして発展してきた
・【プロとアマの違い─級と段位】
  プロとアマの実力差がはっきり違うゲームは世界でも類をみない
・【対局】
  棋士の最も重要な仕事は将棋を指すこと、すなわち対局である
・【棋士の収入】
  収入の基本である対局料は、順位戦とほかの棋戦に大別される
・【棋士の仕事】
  一番多いのは指導対局と将棋の普及活動である
・【将棋連盟で将棋を勉強するには】
  東西の将棋開館や、全国各支部などで勉強できる
・【女流将棋界】
  林葉女流名人誕生を機に、十代の少女たちが将棋界入りした
・【棋士になるには】
  奨励会に入会して厳しい条件をクリアする
62p
3章 棋士になるには
囲碁の世界
・【囲碁のルーツとあゆみ】
  実戦の戦略に似ているため、戦国時代の武将たちも好んだ
・【国際交流】
  囲碁は高等頭脳ゲームとして世界中に普及している
・【日本棋院の仕組み】
  囲碁の伝統を守り、棋士の技芸の向上と普及を使命としている
・【規約とルール】
  囲碁は、盤面の「地」の多い、少ないを争うゲームである
・【段位と免状】
  プロとアマの実力差がはっきり違うのは、将棋と同じである
・【棋士の収入】
  対局料やプロ棋戦の賞金などが収入源となる
・【棋士になるには】
  院生となってプロ棋士をめざす
40p

◆内容紹介
将棋、碁は、小学生から大人まで男女を間わず共に楽しめる頭脳ゲームです。また、世界に誇れる日本の文化の一つでもあります。しかし、そのプロである棋士たちは実力次第の厳しい勝負の世界で生きています。本書では、あまり知られていない棋士の世界と、第一線で活躍中の棋士たちの激しい攻防戦を紹介。あわせてなるための道のりを解説しています。


【レビュー】
将棋プロ棋士・囲碁プロ棋士という職業を紹介した本。

まず将棋界・囲碁界の若いスター棋士のエピソードを紹介し、次に職業としての棋士を解説している。一般人にとっては、将棋棋士と囲碁棋士は似たようなものだろう。しかし本書を読めば、実際は全く別の組織による独立した世界だということがわかる。

プロ棋士になるための仕組みや手順が分かるのはもちろんのこと、将棋界と囲碁界のシステムの違いを理解するのに最適の資料である。特に、奨励会制度(将棋)と院生制度(囲碁)の違いは、はっきり区別して把握しておきたい。

本書は「なるにはBOOKS」シリーズの一つ。「なるにはBOOKS」は、さまざまな職業の紹介をした本のシリーズである。中高生で自分の将来が漠然としている方は、一覧から興味のあるものをピックアップして、ぜひ一読していただきたい。また、進路指導関係者は、必ず全巻目を通しておいてほしい。なお、本によっては改訂版が出ている(一部が最新情報に修正されている)ので、できるだけ最新版を読むべし。(2004Mar29)

参考:「なるにはBOOKS」既刊一覧



【関連書籍】

[ジャンル] 
その他
[シリーズ] なるにはBOOKS
[著者] 
大矢順正
[発行年] 
1994年 1999年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 棋士になるには


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved