2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■実戦の振り飛車破り

< | No.0222 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 実戦の振り飛車破り

zoom
実戦の振り飛車破り [総合評価] C

難易度:★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:A
上級〜有段向き

【著 者】 郷田真隆
【出版社】 日本将棋連盟
発行:2000年8月 ISBN:4-8197-0362-5
定価:1,200円 222ページ/19cm


【本の内容】
第1章 四間飛車編 10局 (1)▲5七銀左 (2)△棒銀 (3)△鷺宮 (4)▲棒銀
(5)▲棒銀 (6)△玉頭銀 (7)▲鷺宮 (8)玉頭位取り
(9)▲四間穴熊vs△銀冠 (10)△5筋位取り
102p
第2章 三間飛車編 5局 (1)△7三桂早仕掛け (2)▲3七桂早仕掛け
(3)△7五歩早仕掛け (4)△居飛車穴熊 (5)相穴熊
52p
第3章 向飛車編 3局 (1)▲4五歩早仕掛け (2)棒銀 (3)棒銀 36p
第4章 中飛車編 3局 (1)△7四銀vs▲5筋位取り中飛車
(2)対△ゴキゲン中飛車角交換
(3)▲中飛車穴熊vs△6五歩早仕掛け
32p


【レビュー】
郷田の四段時代から八段になるまでの、対振飛車戦から21局を撰集した自戦記。郷田八段の初著作である。当時大流行の居飛車穴熊はあまりやらず、急戦中心になっている。

郷田で対振飛車急戦と言えば、なんといっても「対四間飛車早仕掛け△2四同角型での郷田新手▲9五歩(2000/4/10竜王戦1組)」が思い出されるが、残念ながら棋譜・自戦記は本書には収録されてなかった(この時点でかなりガッカリ…)。郷田新手そのものは、なぜか第3章(向飛車編)の途中で1pだけ紹介されていた。

解説は平易で読みやすい。初段〜三段くらいの方にはちょうど良さそう。反面、棋譜を並べていて「この手の意味は?」と思いそうなところに全く触れてなかったり、記述がチグハグな部分があったりするのが気になった。それほど多い訳ではないけれど。(たとえば、31pで「〜になるのが自慢だ」と言っておきながら(形勢良さそうですよね)、32pで「結論から言えば、第4図は居飛車が喜んで飛び込む順ではなかった」(えっ、不利なの?)って、どっちやねん!)

良くも悪くも「フツーの自戦記集」という印象だった。Bに少し届かないCということで。(2003Sep18)



【関連書籍】

[ジャンル] 
自戦記
[シリーズ] 
[著者] 
郷田真隆
[発行年] 
2000年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 実戦の振り飛車破り


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved