2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■康光流四間飛車破り 居飛車穴熊VS藤井システム

< | No.0032 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 康光流四間飛車破り 居飛車穴熊VS藤井システム
康光流四間飛車破り
zoom
パーフェクトシリーズ
康光流四間飛車破り
居飛車穴熊VS藤井システム
[総合評価] B

難易度:★★★★☆

図面:見開き4枚
内容:(質)A(量)B
解説:A
読みやすさ:A
上級〜有段向け

【著 者】 佐藤康光
【出版社】 日本将棋連盟
発行:1999年2月 ISBN:4-8197-0348-X
定価:1,200円 222ページ/19cm


【本の内容】
全15局
▲居飛車穴熊vs△四間飛車藤井システム=10局
▲居飛車穴熊vs△四間飛車穴熊=2局
▲四間飛車藤井システムvs△居飛車穴熊=3局

◆内容紹介
本書は居飛車穴熊にこだわり、いろいろな四間飛車対策、戦いの急所を解説した。現在は、以前と違い簡単に駒組みを進められる時代ではない。序盤から激しい変化を秘めている場合も多く、細心の注意が必要だ。


【レビュー】
佐藤康光名人(当時)の自戦記集。『康光流現代矢倉』シリーズなどと同様に、佐藤の実戦を題材に、居飛穴vs四間飛車の戦いを解説している。

解説は、自戦記というより
検討や変化の研究に重点が置かれていて、これまでの「康光流」シリーズと同様、中終盤の入口で優劣の結論を出して解説を打ち切ってある。四間側が居玉で攻める展開は載っていない。逆に言えば、居飛穴が居玉藤井システムをやらせていないといえる。どちらかといえば、居飛穴党必見の内容だ。先に巻末の棋譜を並べてから解説を読むといいだろう。(2002Mar30)



【関連書籍】

[ジャンル] 
自戦記
[シリーズ] 
パーフェクトシリーズ
[著者] 
佐藤康光
[発行年] 
1999年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 康光流四間飛車破り 居飛車穴熊VS藤井システム


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved