2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■持駒使用の謎

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 持駒使用の謎
持駒使用の謎
zoom
持駒使用の謎
日本将棋の起源
 

【著 者】 木村義徳
【出版社】 日本将棋連盟
発行:2001年3月 ISBN:4-8197-0067-7
定価:2,000円 310ページ/20cm


【本の内容】
第1章 原将棋
第2章 象棋
第3章 日本に到着
第4章 平安将棋
第5章 持駒使用
第6章 現行将棋
附論(室町期の流行/慣習としてのルール/将棋所と名人)

◆内容紹介
日本将棋独特の持駒使用ルールや現行将棋の成立時期・過程などを、将棋博物館館長で、プロ九段でもある著者が、世界各地の将棋を参考に、豊富な文献資料、新出土駒の検証を通じて独自の視点から解き明かした注目の歴史書。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋史研究
[シリーズ] 
[著者] 
木村義徳
[発行年] 
2001年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 持駒使用の謎


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved