2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■求道心 誰も語れない将棋天才列伝

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 求道心 誰も語れない将棋天才列伝
求道心 誰も語れない将棋天才列伝
zoom
SB新書
求道心
誰も語れない将棋天才列伝
 

【著 者】 加藤一二三
【出版社】 SBクリエイティブ
発行:2016年3月 ISBN:978-4-7973-8412-3
定価:864円 224ページ/cm


【本の内容】
第1章 将棋界をつくった天才たちの求道心
第2章 将棋名人ライバル列伝
第3章 「直感精読」と「剛毅」
第4章 圧勝するか、油断を誘って逆転勝ちするか
第5章 打倒・天才棋士に燃える天才棋士たち
第6章 前進できない駒はない
第7章 いいときは焦らない、悪いときはあきらめない
第8章 一流たちの思考と陥穽
終章 コンピュータに将棋させちゃダメ、人間が勝てなくなる

◆内容紹介
勝負の世界に生きる天才たちの陰には人知れぬ「求道心」があった!

14歳で史上初の中学生プロ棋士となった著者。この記録は半世紀以上たった今も破られていない。さらに18歳で棋士の最高クラスであるA級八段に昇格するという偉業を成し遂げ、「神武以来の天才」と呼ばれた。

十段戦で大山康晴名人を下し、初タイトルを獲得。その後も名人、王位、棋王、王将など、数々のタイトルを獲得している。

棋士生活は60年をこえ、現在、75歳の現役プロ棋士最年長。通算対局数・敗戦数は歴代トップで更新中、通算勝利数は現役最多(歴代2位)。1950年代から2000年代まで、A級に在籍した唯一無二の“将棋界のレジェンド”だ。

著者が対戦した最古参のプロ棋士は、1897年生まれの故・村上真一八段。一方、あと何年かすれば21世紀生まれのプロ棋士が誕生する。その時まで現役でいれば19世紀、20世紀、21世紀生まれの棋士と対戦するという快記録が生まれるかもしれない。

世襲制が廃止され、実力名人制が導入されてから名人になった棋士は12人。 著者は自身を除く11人全員と対戦し、あらゆる世代のトップ棋士の実力を知る唯一の現役プロ棋士。

最近ではバラエティ番組に数多く出演し、「ひふみん」の愛称でお茶の間の人気者になっている著者が、60年以上の棋士生活を振り返り、歴代の名人たちと対局した唯一無二の存在として、天才たちの知られざる一面を独特の語り口で綴る。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
エッセイ
[シリーズ] SB新書
[著者] 
加藤一二三
[発行年] 
2016年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 求道心 誰も語れない将棋天才列伝


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved