2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■スグわかる!まんが将棋入門

< | No.0565 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > スグわかる!まんが将棋入門
スグわかる!まんが将棋入門
zoom
スグわかる!まんが将棋入門
ルールと戦法完全マスター
[総合評価] A

難易度:★

図面:見開き4〜6枚
内容:(質)A(量)A
レイアウト:A(2色刷)
解説:A
読みやすさ:A
初心者向き

【監修】 羽生善治 【まんが】 石倉淳一 かたおか徹治
【出版社】 くもん出版
発行:2006年1月 ISBN:4-7743-0877-3
定価:1,575円(5%税込) 383ページ/22cm


【本の内容】
【編集協力】菊地勝也 関口勝男 川口久彦 甲斐栄次
1 将棋の仲間を集めて旅立て!【将棋の基本を知ろう】 将棋の基本ルール 104p
2 手筋を覚えて勝機をつかめ!【将棋の手筋を知ろう】 両取り、成り、寄せ、必至etc. 42p
3 駒の個性で攻め勝つ!【駒の特性を生かそう】 駒の手筋 66p
4 実戦での攻め方を覚えよう!【序盤から中盤の戦い方】 囲い、原始棒銀、振飛車 90p
5 相手を追いつめる勝利のコツ!【終盤の戦い方】 寄せ、詰み 40p

詰将棋(1手詰〜7手詰)=18問/格言=45/将棋用語

◆内容紹介
「まんが」でドキドキ→「解説」でなるほど!→「練習問題」でばっちり!三つのステップで、だれよりも早く将棋のルールと戦法をマスターできます。待ちうけるステージは全部で五つ。各ステージでバトル(練習問題)を重ねてクリアしていく、ロールプレイングゲームのような楽しい入門書です。どこからでも読めるので、一度読んでから忘れてしまったことを読み返したり、さくいんや関連用語から知りたい内容のページを調べることもできます。


【レビュー】
子ども向けの将棋入門書。すべての漢字にルビ付き。

全編2色刷で見やすいレイアウト。マンガと解説を交互に配置。383pという入門書らしからぬ分厚さだが、約4割はマンガ部が占める。

マンガのストーリーは以下の通り。
「ある日、先の庄(村)に何者かが侵入し、王の印が奪われた。先の庄の王子・ショウは印を取り戻すべく旅立つ。しかしショウは将棋ができない!(笑) ショウをフォローするため、妖精チャト、道先案内人イッカンがともに旅立つ。」
その後は立ちはだかる敵を倒しながら、ショウがレベルアップしていく。

正直言って、設定・ストーリー・絵柄ともにイマイチだが、解説とのバランスが良いためメリハリのある構成になっている。

解説部の方は非常に充実している。ルール説明から戦法・手筋の解説までオーソドックスだが、かなりかゆいところにまで手が届いている。特にルール説明では、通り一遍の説明だけでなく、初心者が陥りやすそうな疑問にまで丁寧に解説されている。図も重要な桝目を塗ったり、矢印や薄墨色の駒を多用することで、紙媒体としては最高レベルの図を実現している。本書の執筆者は入門者指導の経験がかなり豊富のようだ。

第一印象はあまり良くなかったが、読み進めていくうちに「かなり丁寧に作られている入門書だな」と感じた。1,575円(5%税込)という定価がちょっとネックだが、入門書としてオススメできる。(2006Jun07)

※ところで、最近の本にしては珍しく、紙がすごく薄く、ちょっとめくりにくい。ページ数が383pと普通の棋書の2倍弱、普通の入門書の2倍強になったため、少しでも厚みを減らすために薄くしたようだ。



【関連書籍】

[ジャンル] 
入門書
[シリーズ] 
[著者] 
羽生善治 石倉淳一 かたおか徹治
[発行年] 
2006年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > スグわかる!まんが将棋入門


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved