2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■第四期 竜王決定七番勝負 激闘譜

< | No.0147 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第四期 竜王決定七番勝負 激闘譜

zoom
第四期 竜王決定七番勝負 激闘譜
谷川浩司──森下卓
[総合評価] C

難易度:★★★☆

図面:見開き2〜3枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
中級以上向き

【編 者】 読売新聞社
【出版社】 読売新聞社
発行:1992年3月 ISBN:4-643-92016-5
定価:1,262円 206ページ/19cm


【本の内容】
【竜王】谷川浩司 (防衛) 【挑戦者】森下卓六段
 

先−後

戦型 観戦記  
第1局 △谷川−森下△ 角換わり相腰掛銀(持将棋) 山田史生 23p
第2局 ●森下−谷川○ 相矢倉▲森下システム 陣太鼓 23p
第3局 ●谷川−森下○ 相矢倉▲3七銀 小田尚英 23p
第4局 ○森下−谷川● 相矢倉▲森下システム 山帰来 23p
第5局 ○谷川−森下● 角換わり相腰掛銀 23p
第6局 ●森下−谷川○ 相矢倉▲森下システム 青島たつひこ 25p
第7局 ○谷川−森下● 相矢倉▲森下システム 武者野勝巳 23p

・「初防衛に成功して」(竜王 谷川浩司)=4p
・竜王戦ランキング戦ハイライト=12p(5局)
(森下卓-小林宏(挑決第1局)|小林宏-森下卓(挑決第2局)|塚田泰明-小林宏(準決勝)|勝浦修-森下卓(準決勝)|森下卓-福崎文吾(一回戦)
・コラム(プロローグ|バンコクの楽しみ|大食漢?|控室詣|詰め将棋|情報合戦|特大座布団|エピローグ)
・決勝トーナメント表
・第4期竜王戦 各組インフォメーション


【レビュー】
竜王戦の観戦記。読売新聞に掲載された観戦記から主要なものをピックアップ。今期は七番勝負のみを収録。

四冠保持で最強の谷川に挑むのは森下。この頃は、居飛穴が猛威を振るって振飛車党が激減し、矢倉全盛期である。横歩取りはまだ流行していない。森下は矢倉の大家で、"矢倉森下システム"で高勝率を上げて勝ちあがってきた。

谷川が先手番で得意の角換わり腰掛銀を2局採用した他は、すべてガップリ四つの相矢倉。前期までは動きの速い将棋が多かったが、今期は全局が腰を落とした戦いになった。森下は一時は2−1とリードしたが、第5局で研究を打ち破られたのが響き、あとはやや淡白な内容で大魚を逃した。

矢倉・角換わり腰掛銀など、全ての駒が働く将棋が好きな人にはぜひ見てほしい一冊。

なお、「各組インフォメーション」は、今期からは当期の情報が載るようになった。(2003Mar24)



【関連書籍】

[ジャンル] 
実戦集(竜王戦)
[シリーズ] 竜王決定七番勝負
[著者] 
読売新聞社
[発行年] 
1992年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第四期 竜王決定七番勝負 激闘譜


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved