2.6KB

<< 直前のページへ戻る

■第十三期 竜王決定七番勝負 激闘譜

< | No.0209 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第十三期 竜王決定七番勝負 激闘譜

zoom
第十三期竜王決定七番勝負
激闘譜
藤井 猛 VS 羽生善治
[総合評価] C

難易度:★★★☆

図面:見開き2〜3枚
内容:(質)B(量)C
レイアウト:A
解説:B
中級以上向き

【編 者】 読売新聞社
【出版社】 読売新聞社
発行:2001年2月 ISBN:4-643-01004-5
定価:1,500円 219ページ/19cm


【本の内容】
【竜王】藤井猛 (防衛) 【挑戦者】羽生善治四冠
 

先−後

戦型 観戦記  
第1局 ○藤井−羽生● ▲変則三間飛車 山田史生 25p
第2局 ○羽生−藤井● △四間飛車▲右4六銀 青島たつひこ 23p
第3局 ○藤井−羽生● ▲四間飛車△地下鉄飛車模様 23p
第4局 ●羽生−藤井○ △四間飛車▲四枚美濃 木屋太二 23p
第5局 ●藤井−羽生○ ▲四間飛車△棒銀 武者野勝巳 21p
第6局 ○羽生−藤井● △四間飛車玉頭銀 甲斐栄次 23p
第7局 ○藤井−羽生● ▲四間飛車△四枚美濃 山田史生 25p
挑決1 ○羽生−佐藤● 横歩取り角交換型 木屋太二 19p
挑決2 ●佐藤−羽生○ △四間飛車▲居飛車穴熊 青島たつひこ 19p

・「続・夜空ノムコウ」(竜王 藤井猛)=3p
・各組インフォメーション


【レビュー】
竜王戦の観戦記。読売新聞に掲載された観戦記から主要なものをピックアップ。

ついにアイツがやってきた(第二期でも言ったような…)。最強の挑戦者、ド本命の羽生である。谷川、鈴木大に圧勝してきた藤井だったが、「羽生を倒してこその最強」と藤井本人も言っている。なによりも「羽生ならば藤井システムを崩せるのか?」と大きく注目された。また、秋に行われた王座戦五番勝負では羽生王座に藤井が挑戦し、「互いのタイトルと藤井システムの存亡を懸けた十二番勝負」という構図が出来上がった。

結局は羽生もうまい対策がなかったらしく、システムvs居飛穴模様は一番もなし。ただし、羽生が四枚美濃を採用した2局は藤井がしっかりと勝ち切った。羽生は不利と言われる後手棒銀で勝つなど、急戦で3つ勝ったものの、いずれも藤井システムを咎めたとは言えなかった。

藤井はフルセットで竜王を防衛。竜王三連覇の金字塔を打ちたてると同時に、谷川や羽生を七番勝負で打ち破ったことで、「藤井の信用」を手に入れた。

なお、王座戦の方は羽生が3-2で辛くも防衛した。結局、互いのタイトルは守りきり、星も6-6の痛み分け。羽生を始めとする居飛車党の棋士は、藤井システム対策が急務になってきた。(2003Aug13)



【関連書籍】

[ジャンル] 
実戦集(竜王戦)
[シリーズ] 竜王決定七番勝負
[著者] 
読売新聞社
[発行年] 
2001年

< >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第十三期 竜王決定七番勝負 激闘譜


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved