2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■第四十三期将棋名人戦

< | No.0324 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第四十三期将棋名人戦

zoom
第四十三期将棋名人戦
全記録
[総合評価] D

難易度:★★★☆

図面:見開き1枚
内容:(質)A(量)C
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:B
中級以上向き

【編 者】 毎日新聞社
【出版社】 毎日新聞社
発行:1985年8月 ISBN:4-620-50443-2
0076-670008-7904
定価:1,800円 172ページ/22cm/H.C.


【本の内容】
【名人】谷川浩司 【挑戦者】中原誠 (奪取)
 

先−後

戦型

観戦記

 
第1局 ●谷川−中原○ 相矢倉▲棒銀△スズメ刺し 井上光晴 25p
第2局 ○中原−谷川● 相掛かり▲3七桂 加古明光 25p
第3局 ●谷川−中原○ 相矢倉▲4六銀・3七桂 井口昭夫 25p
第4局 ●中原−谷川○ 相掛かり▲3七桂 清水孝晏 25p
第5局 ○谷川−中原● 相矢倉▲3七銀 加古明光 25p
第6局 ○中原−谷川● 相掛かり▲3七桂 井口昭夫 25p

・盤側の記(井口昭夫)=各局3p×6
・名人戦43期の全記録=2p
・第43期名人戦挑戦者決定リーグ成績表=1p


【レビュー】
名人戦の観戦記。

今期はじめて実現した、「中原との名人戦」。これこそが若き名人・谷川の思い描いていた名人戦である。普段は謙虚な谷川が、かなり強気なコメントを連発していたのも、その強い意識の表れである。ただ、その意識が空回りしたようで、開幕から3連敗は意外。4・5局に連勝して意地を見せたものの、最後は中原に名人奪回を許した。

この七番勝負では、中原が先手番のときは相掛かり▲3七桂を採用し、谷川先手のときは相矢倉。谷川は2年前の名人戦では、先手番のときにヒネリ飛車を採用しているのだが、中原相手には矢倉で勝ちたかったようだ。

なお、従来は「盤側の記」は巻末にまとめて書かれていたが、今期は各局のあとに一つずつ書かれるようになった。(2004Apr24)



【関連書籍】

[ジャンル] 
名人戦観戦記
[シリーズ] 
[著者] 
毎日新聞社
[発行年] 
1985年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第四十三期将棋名人戦


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved