2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■第四十期将棋名人戦

< | No.0297 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第四十期将棋名人戦

zoom
第四十期将棋名人戦
全記録
[総合評価] C

難易度:★★★☆

図面:見開き1枚
内容:(質)A(量)C
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:B
中級以上向き

【編 者】 毎日新聞社
【出版社】 毎日新聞社
発行:1982年10月 ISBN:4-620-50440-8
0076-670005-7904
定価:1,800円 257ページ/22cm/H.C.


【本の内容】
【名人】中原誠 【挑戦者】加藤一二三 (奪取)
 

先−後

戦型

観戦記

 
第1局 △加藤−中原△ 相矢倉▲4六銀(持将棋) 赤木駿介 26p
第2局 ○中原−加藤● 相矢倉▲スズメ刺し△棒銀 井上光晴 26p
第3局 ○加藤−中原● 相矢倉▲スズメ刺し△棒銀 絵國滋 26p
第4局 ○中原−加藤● 相矢倉▲2九飛 斎藤栄 26p
第5局 ○加藤−中原● 相矢倉▲スズメ刺し△棒銀 高木彬光 26p
第6局 △中原−加藤△ 相矢倉▲スズメ刺し△6三銀型(千日手) 戸部新十郎 16p
第6局
指し直し
○加藤−中原● 相矢倉▲スズメ刺し△棒銀 虫明亜呂無 26p
第7局 ○中原−加藤● 相矢倉▲4六銀 色川武大 26p
第8局 △中原−加藤△ 相矢倉▲棒銀△スズメ刺し(千日手) 石堂淑朗 16p
第8局
指し直し
○加藤−中原● 相矢倉▲4六銀 原田泰夫 26p

・歴代名人の顔(木村、塚田、大山、升田、中原、加藤)=6p
・名人戦40期の全記録=2p
・第40期名人挑戦者決定リーグ表=1p


【レビュー】
名人戦の観戦記。

第40期は、棋史に残る「10番勝負」になった。フルセット7局+持将棋1局+千日手2局=10局。名人戦史上、もっとも盛り上がった勝負の一つである。当時の規定では、「千日手は日と場所を改めて再勝負」だったため、名人が決定したのはなんと夏も真っ盛りの7月31日。最終的に加藤がこの激闘を制し、“神武以来の天才”がようやくその悲願を達成した。一方、この10年間名人戦の主役でありつづけた中原は、一時的とはいえ脇役に回ることになった。

将棋はすべて相矢倉。両者が意地を張ったようだ。しかも勝者はすべて先手番という、偏った結果になった。ちょうど「飛車先不突き矢倉」がタイトル戦でも出始めた時期で、本シリーズもほとんど飛車先不突き。観戦記にも関連記事がたびたび登場する。
・「…まことに不思議な櫓の序盤定跡が生まれたものである。飛車先の歩を三十手くらいまで突かないとは!昔の将棋の本などには、まったく書かれてもいないし、現在でも初心者がこんな風に指したら、上手に叱られそうだ。」(86p)
・「旧型の矢倉将棋にくらべると、2筋の歩を一手も突かないところが変わっている。」(116p)
・「“飛先不突き矢倉”について、中原は『どれだけの効果があるかまだ分からない』といっている。とにかくやってみようという気分らしい。」(140p)
・「…今回の名人戦では、先手が飛車先の歩を突かないことが特徴…」(152p)
・「米長棋王によれば、あまりいい戦法ではないゆえ、すぐに指されなくなる、とのことである。」(216p)

先見の明のある米長にして、この予想。将棋とは、なんと難しいものか。

棋譜表記は再び2手一組となり、行間も適度な幅になって非常に見やすくなった。

ところで、わたしが38期で気にしていた「持将棋規定」だが、今期もやはり0.5勝扱いだったらしい。
・「(第7局で)今回また持将棋になると、0.5勝ずつ加点され、加藤十段が4勝という結果になって勝負がついてしまう。」
そんなことにならなくて、本当に良かったです(笑)。(2004Feb25)



【関連書籍】

[ジャンル] 
名人戦観戦記
[シリーズ] 
[著者] 
毎日新聞社
[発行年] 
1982年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 第四十期将棋名人戦


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved