2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■碁打ち・将棋指しの江戸

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 碁打ち・将棋指しの江戸
碁打ち・将棋指しの江戸
zoom
碁打ち・将棋指しの江戸
「大橋家文書」が明かす新事実
 

【著 者】 増川宏一
【出版社】 平凡社
発行:1998年7月 ISBN:4-582-84180-5
定価:2,000円 255ページ/20cm


【本の内容】
第1章 新事実の発見
第2章 勤仕の真相
第3章 奥御用と将棋所
終章 碁家・将棋家の困惑

◆内容紹介
本書では、江戸時代を通じての碁打ち・将棋指しの実態を解明する。将棋の大橋本家に遺された古文書から明らかにされる新事実の数々。年に一度の江戸城内での対局「御城碁・御城将棋」の様子、「碁所・将棋所」の実情、碁家・将棋家の暮らしぶり…。従来、史料も乏しく詳細な研究のなされていない分野であるが、本書によって、近世遊戯史は大きく書き換えられることだろう。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋史研究
[シリーズ] 
[著者] 
増川宏一
[発行年] 
1998年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 碁打ち・将棋指しの江戸


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved