2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■将棋士お香 事件帖3 幼き真剣師

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋士お香 事件帖3 幼き真剣師
将棋士お香 事件帖3 幼き真剣師
zoom
二見時代小説文庫
将棋士お香 事件帖3
幼き真剣師
書き下ろし長編時代小説
 

【著 者】 沖田正午
【出版社】 二見書房
発行:2012年6月 ISBN:978-4-576-12084-3
定価:680円(5%税込) ページ/15cm


【本の内容】
◆内容紹介
幼い三兄弟の天才的な賭け将棋の強さに、悪党どもが目をつけた!

大人相手に真剣師顔負けの賭け将棋で稼ぐ幼い三兄弟。その突然の失踪に隠された、とある藩の悪行を暴く、娘将棋士お香の大活躍!

天才将棋士お香は、町で大人相手に賭け将棋で稼ぐ幼い三兄弟に出会う。襤褸(らんる)をまとう三人の家に行くが、そこで会った父親は、かつてのお香の兄弟子だった。子どもたちの将棋のすごさに納得したお香は、三人に修業するよう話すのだが、親も子どもも突然消えてしまう。彼らの行方と、その裏に隠された某藩の陰謀!


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋小説・ミステリー
[シリーズ] 将棋士お香 事件帖
[著者] 
沖田正午
[発行年] 
2012年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋士お香 事件帖3 幼き真剣師


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved