2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■大道将棋殺人事件

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 大道将棋殺人事件
大道将棋殺人事件
zoom
Futaba novels
大道将棋殺人事件
長編異色ミステリー
鬼殺しの仙吉探偵棋譜
 

【著 者】 山村正夫
【出版社】 双葉社
発行:1985年9月 ISBN:4-575-00118-X
定価:680円 250ページ/18cm
(文庫版)
大道将棋殺人事件(双葉文庫)
zoom
双葉文庫
大道将棋殺人事件
 

【著 者】 山村正夫
【出版社】 双葉社
発行:1987年8月 ISBN:4-575-50141-7
定価:420円 294ページ/15cm


【本の内容】
鬼殺し
瀬戸の夕凪
海猫岬
国東心中
陸中双玉殺人
闇路が浜

◆内容紹介
かつて神童とうたわれ、プロの棋士を夢見た仙吉だったが、定跡を無視した眩惑戦法が、正統派の師匠の棋風に合わず、ある日突然、師匠の家を飛び出し、行方をくらました。その後仙吉は、詰将棋一筋に生きる大道将棋師となり、“鬼殺しの仙吉”と異名をとるほどになった…。放浪の旅先で遭遇するさまざまな殺しに、仙吉の冴えた読みが的中する!


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
将棋小説・ミステリー
[シリーズ] 
[著者] 山村正夫
[発行年] 
1985年 1987年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 大道将棋殺人事件


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved