2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■無為の力/「あるがまま」を受け入れる技術

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 無為の力/「あるがまま」を受け入れる技術
(オリジナル版)
無為の力
無為の力
マイナスがプラスに変わる考え方
 

【著 者】 河合隼雄 谷川浩司
【出版社】 PHP研究所
発行:2004年11月 ISBN:4-569-63937-2
定価:1,365円(5%税込) 211ページ/20cm
(改題文庫版)
「あるがまま」を受け入れる技術
zoom
PHP文庫
「あるがまま」を受け入れる技術
何もしないことが、プラスの力を生む
 

【著 者】 河合隼雄 谷川浩司
【出版社】 PHP研究所
発行:2008年9月 ISBN:978-4-569-67113-0
定価:580円(5%税込) 250ページ/15cm


【本の内容】
【オリジナル版『無為の力』】
第1章 「年齢力」が人を輝かせる 四十代でタイトルを取ることの重み
/経験の強み、挑戦の強み/ほか
 
第2章 「人間力」をいかに養うか 知力、体力、技術力を超える「人間力」とは何か
/人間としての重みを身につけるには/ほか
 
第3章 イメージで未知を拓く「構想力」 将棋にもカウンセリングにも正解はない
/勝負師と芸術家と研究者/ほか
 
第4章 「無為の力」―何もしないことが力を生む 思考するのをやめた時に名案が浮かぶ
/集中力を他に逸らすことで、集中力が高められる/ほか
 
第5章 夢を育て、日本を元気にする「文化力」 将棋は日本の国民的娯楽
/問題を「解く」ことよりも「つくる」ことで思考力は養われる/ほか
 

◆内容紹介 ⇒ PHP研究所の紹介ページ
物を忘れることで豊かになる、嫉妬心には可能性がある、思考をやめた時に名案が浮かぶ。何もしないことが力を生む。不安なこころを癒し希望を灯す新しい生き方。


【改題文庫版『「あるがまま」を受け入れる技術』】
※章のタイトルは違っていますが、中身はオリジナル版と同じです。
第1章 年のせいで、やりたいことを諦めない
第2章 人を妬んでいる間は、まだ望みがある
第3章 イメージと直観が、未知を拓く
第4章 何もしないことが、力を生む
第5章 恵まれすぎると、発想は貧困になる

◆内容紹介
価値観が大きく揺れるこの時代-。周りを見ずに、がむしゃらに努力するだけでは決して幸せな人生を送れません。本書は、「心」のエキスパートと「光速の寄せ」の棋士が、“あるがまま”を受け入れるための新しい考え方を提唱しています。「物を忘れることで豊かになる」「嫉妬心には可能性がある」「何もしないことに全力を傾注する」など、今を生きる人すべてに読んでほしい一冊。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
対談・インタビュー
[シリーズ] 
[著者] 河合隼雄 
谷川浩司
[発行年] 
2004年 2008年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 無為の力/「あるがまま」を受け入れる技術


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved