2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■一人で学べる!強くなる将棋入門

< | No.0912 | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 一人で学べる!強くなる将棋入門
一人で学べる!強くなる将棋入門
zoom
一人で学べる!強くなる将棋入門
基本の攻め方・囲い方から、強くなるために欠かせないノウハウまでをくわしく紹介!
[総合評価] C

難易度:★☆
   〜★★

図面:見開き4枚
内容:(質)B(量)B
レイアウト:A
解説:B
読みやすさ:B
初級向き

【著 者】 行方尚史
【出版社】 日本文芸社
発行:2009年2月 ISBN:978-4-537-20726-2
定価:998円(5%税込) 222ページ/19cm


【本の内容】
第1章 将棋の基本ルール   14p
第2章 プロの一局を見てみよう
―行方尚史八段VS丸山忠久九段戦
・第1回朝日杯将棋オープン戦決勝戦
(序盤戦/中盤戦/終盤戦)
16p
第3章 手筋を覚えよう 駒得を図る手筋/駒交換で優位を得る手筋/両取りで得をする手筋/不成の手筋/寄せの手筋/詰みいろいろ/各駒の手筋 58p
第4章 好みの戦法を見つけよう 相がかり戦法/ヒネリ飛車戦法/横歩取り戦法/相矢倉戦法/角換わり腰掛け銀戦法/振飛車の基本形/四間飛車戦法/居飛車穴熊戦法/三間飛車戦法/急戦石田流戦法/攻める向かい飛車戦法/ツノ銀中飛車対居飛車玉頭位取り戦法/ゴキゲン中飛車戦法/相振り飛車戦法/△3三角戦法 36p
第5章 格言に学べ! 序盤編(8)/中盤編(16)/終盤編(15) 40p
第6章 詰め将棋トレーニング 一手詰め=16問/三手詰め=24問 42p
第7章 ネット対戦で腕を磨こう   8p

◆内容紹介
初心者向けよりも、よりニーズの大きい「
初級者向け」の内容で、実践的な戦法、囲い方を実戦譜を交えながら手厚く解説した画期的な将棋入門。昨今人気のネット将棋などを活用して強くなるノウハウも紹介、時流に応える。


【レビュー】
将棋入門書。

本書には、一応は将棋の基本ルールから書いてあるが、対象棋力は「入門者」から一歩進んだ「初級者」クラス。ルールは一通り覚えた、実戦も少し指した、もう少し強くなっていきたい…という層をターゲットにしている。モノクロ印刷でルビなし(新出の専門用語のみルビあり)のストイックな構成なので、基本的には大人向けである。

各章の内容をザッと紹介していこう。

第1章はルールについて。盤面の表記の仕方、駒の動き、基本ルールなど。おさらいなので、解説は非常にシンプル。ちょっと気になったのは、千日手や持将棋については簡単な紹介のみで、ちゃんとしたルールの解説がないことと、連続王手の千日手は何回で反則負けになるか書かれていないこと。この辺は、確かに初級者の実戦ではほとんど出現しないが、一通りルールを覚えた人でもあやふやな部分なので、正確に書いた方がよかったと思う。

第2章はプロの実戦解説1局。題材は▲行方vs△丸山(朝日杯決勝)。ルール説明後にいきなりプロの実戦譜を追うのは、入門書としてはかなり珍しい。しかも「4手目△3三角」という特殊戦法。意図は、「指し始めから終局までの大まかな流れを見ていただいて、こんなふうに一局が進むんだと感じてもらえれば良いと思います。」(p24)とのこと。ただ、次の図面までに5手〜MAX14手も進むので、入門者が棋譜をスラスラ追うのはまず無理。盤駒を用意して並べよう。1局がんばって並べ切れば、棋譜を読む練習ができたことになる。

第3章は手筋。基本的に1つの手筋につき1pでザックリ解説していく。載っているのは、垂れ歩/棒銀(駒交換)/両取り/不成/寄せの手筋/詰みいろいろ/各駒の手筋など。寄せの手筋の箇所は、「後手玉は寄り筋です」だけでは、ちょっと解説が足りないかなと思う。

第4章は戦法紹介。見開き2pずつ(ゴキゲン中飛車だけは4p)で各戦法を紹介する。戦法の概略と、どういう性格・棋風の人に向いているかが書いてあるので、好きな戦法をとりあえず選ぶのに役立つ。載っている戦法は、次の通り。

相がかり戦法/ヒネリ飛車戦法/横歩取り戦法/矢倉戦法/角換わり腰掛け銀戦法/四間飛車戦法/居飛車穴熊戦法/三間飛車戦法/急戦石田流戦法/攻める向かい飛車戦法/ツノ銀中飛車対居飛車玉頭位取り戦法/ゴキゲン中飛車戦法/相振り飛車戦法/(相振り飛車)△3三角戦法

第5章は格言。格言は汎用性が高く、分かりにくい局面で指針を決めるのにかなり役立つ。本章では格言38個を各1pで解説。

第6章は1手詰と3手詰の特訓。1手詰=16問、3手詰=24問を見開き2問で解いていく。3手詰の前半8問は、1手詰の前半8問を2手巻き戻した形になっている。つまり、1手詰で出題された形になるように考えれば、3手詰が解けるように工夫されている。これで3手詰に慣れさせるというのはいい工夫だと思う。(このスタイルを徹底的にやっているのが『将棋3手詰入門ドリル』(椎名龍一,池田書店,2008.04)である。)

第7章は、ネット将棋対局場である「将棋倶楽部24」の登録の仕方、マナー、感想戦のやり方など。

全体的に悪くはないが、やや「帯に短し、たすきに長し」の印象があった。手筋・戦法紹介・格言などを1p(または2p)に詰め込んだので、解説が浅くなっている感じだ。その割には、やや文章が冗長気味な部分もあった。

……と、ここまでが「本書そのものに対する感想」。

謝罪広告「週刊将棋」2011年2月2日号のp18に、右図のような「謝罪広告」が掲載された(「将棋世界」2011年3月号のp215にも掲載された)。文の内容は下記の通り。

お詫び

この度、弊社が平成21年2月20日に発行した「一人で学べる!強くなる将棋入門」と絶版とさせていただきます。
当該書籍は、「八段 行方尚史・著」となっておりますが、行方尚史八段は当該書籍に一切関与されておりませんでした。内容面につきましても、行方尚史八段の棋譜を許可なく使用し、ずさんな解説を掲載するなど、将棋入門として不適当なものでした。行方尚史八段ご本人からお問い合わせをいただき、弊社で調査いたしましたところ、右記事実が判明いたしました。
行方尚史八段および将棋を愛好される多くのみなさまには多大なるご迷惑をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます。


いったい何があったんでしょう…ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

日本文芸社は、棋書作りに関して初めてというわけではなく、ある程度の実績があるというのに。また、「入門書の名義貸し」は正直言ってよくあることだが、普通は企画立ち上げ時に挨拶と内容の説明くらいするものだろうし、発売前にも内容の確認くらいするはず。

解説は「ずさん」というほどヒドくはないと思うが、珍しい「いわくつき」になってしまった一冊だった。(2011Mar30)

※誤植・誤字等(第1刷で確認):
p21 ×「…逃げる余地がある場合は、打ち詰めではありません。」 ○「…逃げる余地がある場合は、打ち詰めではありません。」
p113 「(美濃囲いが)戦国の武将・徳川家康の本陣があった美濃の国の地形とよく似ている」→本当?「難攻不落の美濃城」という説が有力だったような。あと、歴史に詳しくないのですが、徳川家康の本陣って美濃にあったっけ?Wikipediaでは分かりませんでした。
p116 「(三間飛車が)振り飛車の中では最も守りに重点を置いた戦法です」→本当?確かに左銀を玉に近づけやすいが、どちらかといえば「捌きに重点を置いた戦法」なのでは。



【関連書籍】

[ジャンル] 
入門書
[シリーズ] 
[著者] 
行方尚史
[発行年] 
2009年

< | >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 一人で学べる!強くなる将棋入門


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved