2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■将棋に学ぶ

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋に学ぶ
将棋に学ぶ
zoom
将棋に学ぶ  

【著 者】 安次嶺隆幸
【出版社】 東洋館出版社
発行:2016年10月 ISBN:978-4-491-03282-5
定価:1,296円 ページ/19cm


【本の内容】
第1章 谷川浩司 ・将棋を始めることで我慢ができるようになった
・無駄だと思われるようなことが自分のものになる
・「楽しい」「嬉しい」「悔しい」の三つを大切に
 
第2章 森内俊之 ・将棋では強さではなく心を育てていきたい
・このまま終わってしまうかもと思ったこともある
・優秀なライバルに引き上げてもらった
 
第3章 羽生善治 ・いま失敗することが未来の勝ちにつながる
・振り返って忘れることが次に進むコツ
・AIがいかに進歩しても大切なことは変わらない
 
第4章 安次嶺隆幸 ・将棋で心からの挨拶を学ぶ
・「空気のドーナツ」で集中力のトレーニング
・「負けました」が折れない心を育てる
・新しい時代のコミュニケーション能力とは
 

◆内容紹介
将棋こそ、未来の一流を創る最強の教育だ――

礼儀、集中力、思いやり、コミュニケーション力。将棋に学べるのは、子供達が未来を生き抜く力!

日本将棋連盟教育アドバイザーの著者の対談相手は将棋界の誇りを背負う3人の永世名人。羽生善治、谷川浩司、森内俊之。今は父親でもある三人が、将棋での教育論と子供達への想いを語ってくれた。

天才たちはどう育ったのか――
父親としての素顔は――
将棋を通じてどのような力が伸ばせるか――
これからの子どもたちに必要な能力とは――

未来の創り手となるために求められる能力を、『日本の伝統文化・将棋』で育んでいく。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
インタビュー
[シリーズ] 
[著者] 安次嶺隆幸
[発行年] 
2016年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 将棋に学ぶ


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved