2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■日本将棋大系 別巻1/将棋図式集(上)

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 日本将棋大系 別巻1/将棋図式集(上)
日本将棋大系 別巻1 江戸時代図式集目録(上)
zoom
日本将棋大系 別巻1
江戸時代図式集目録(上)
 

【著 者】 森けい二 【監修】 木村義雄 【解説・編集】 山本亨介
【出版社】 筑摩書房
発行:1979年4月 0376-69216-4604
定価:2,400円 256ページ/23cm
H.C.・箱入り
(文庫版)
将棋図式集(上)
ちくま学芸文庫
将棋図式集(上)
江戸時代初期
 

【著 者】 森けい二 【監修】 木村義雄 【解説・編集】 山本亨介
【出版社】 筑摩書房
発行:1998年11月 ISBN:4-480-08461-4
定価:1,400円 505ページ/15cm


【本の内容】
【推薦】日本将棋連盟
【監修】木村義雄・升田幸三・大山康晴・中原誠・二上達也・塚田正夫
【編集】山本亨介

将棋秘伝鈔〔将棋力草〕(初代大橋宗桂)=43題
将棋経鈔(二代大橋宗古)=27題
将棋衆妙(三代大橋宗桂)=16題
将棋駒競(初代伊藤宗看)=32題
将棋手鑑(五代大橋宗桂)=18題
将棋勇略(二代伊藤宗印)=37題
将棋精妙〔不成百番〕(二代伊藤宗印)=11題
将棋大矢数(无住僊逸)=6題
参考作品(田代市左衛門,望月勘解由,瞽者谷都(たにのいち),作者不知)=10題

・「図式集 上 人と作品」(山本亨介)=14p
・江戸時代図式集 目録(上)=2p

◆内容紹介
『将棋図式集』全3巻では、図式(詰将棋)成長の軌跡を、草創期から近代作品にバトンタッチするまで、3期に分けてたどる。将棋文化の爛熟期であり、時代的には江戸初期に始まり幕末までを覆う。
本巻では
一世名人大橋宗桂の『将棋秘伝鈔』を筆頭に史上の黄金期に至る手前まで、時代を代表する8つの図式集から作品を精選し、併せて参考作品を付した。今日の目からすると概して大らかで厳密性に欠けるが、なかにはすでに近代作品の趣をもつものや曲詰めの萌芽もあって、急速な技能の進展を見ることができる。391手詰め作品など、図式に賭ける執念が生み出した芸術は、いまだその生命を失わない。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
詰将棋作品集
[シリーズ] 
[著者] 
森けい二
[発行年] 
1979年 1998年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 日本将棋大系 別巻1/将棋図式集(上)


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved