2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■山田道美将棋著作集 第一巻 近代戦法の実戦研究 1

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 山田道美将棋著作集 第一巻 近代戦法の実戦研究 1
山田道美将棋著作集 第一巻 近代戦法の実戦研究 1
zoom
山田道美将棋著作集 第一巻
近代戦法の実戦研究 1
 

【著 者】 山田道美 【編】 中原誠
【出版社】 大修館書店
発行:1980年3月 ISBN:4-469-19101-9
0376-191010-4305
定価:1,800円 351ページ/19cm/箱入り


【本の内容】
序説として 本筋と芋筋の意味 (1)その見方
(2)最近の戦型
28p
第1章 近代戦法の傾向 (1)近代戦法の傾向
(2)加藤一二三八段の右玉戦法
(3)近代戦法の変遷
(4)ある変化
30p
第2章 振飛車の再認識 (1)戦前の振飛車
(2)戦後の振飛車
(3)主に大野八段について
(4)大山名人の振飛車
34p
第3章 続・振飛車の再認識 (1)振飛車ブームの原因
(2)続・振飛車の再認識
(3)ボクのひとりごと
44p
第4章 四間飛車新対策の功罪 (1)実戦に現れた新対策
(2)4六銀戦法−その1
(3)4六銀戦法−その2
(4)その後の四間飛車対策
60p
第5章 四間飛車の研究 (1)3七銀戦法への対策
(2)3七銀戦法第一号
(3)3七銀戦法の成功例
(4)3七銀戦法の失敗例−その1
(5)3七銀戦法の失敗例−その2
(6)4三銀の変化
(7)5七銀左の指し方−3七銀戦法の再検討
(8)5七銀左−急戦の変化
(9)5七銀左−5四歩型の仕掛
(10)後手4三銀の受け
106p
第6章 タテ歩取り戦法 (1)最新の戦法について
(2)実利的な戦法
(3)最近のタテ歩取り戦法
(4)タテ歩取りの長所と短所
(5)タテ歩取りの変化
44p



【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
総合定跡書
[シリーズ] 
山田道美将棋著作集
[著者] 
山田道美 中原誠
[発行年] 
1980年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 山田道美将棋著作集 第一巻 近代戦法の実戦研究 1


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved