2.6KB

<< 直前のページへ戻る
 

■詰みか必至か?

< 前 | No.---- | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 詰みか必至か?
詰みか必至か?
zoom
詰みか必至か?  

【著 者】 青野照市
【出版社】 創元社
発行:2013年12月 ISBN:978-4-422-75030-9
定価:1,260円(5%税込) 208ページ/21cm


【本の内容】
第1章 詰みの練習問題=60問
第2章 必至の練習問題=60問
第3章 詰みか必至か?=76問

◆内容紹介
詰みがあるときは詰ます、なければ必至をかける。どちらなのかを見分ける力がつけば、勝率はぐんとアップする。とはいえ実戦では、詰むか詰まないかの判断がむずかしい。本書では、この詰みと必至を見分ける力を養い、終盤力を鍛える問題をまとめた。まず詰みの問題60問、次に必至問題60問を解いて、詰みと必至の基本を覚える。その上で、詰みか必至かを考える問題76問を解けば、寄せが自然に見えるようになってくる。


【レビュー】
(まだありません)



【関連書籍】

[ジャンル] 
必至問題
[シリーズ] 
[著者] 
青野照市
[発行年] 
2013年

< 前 | 次 >

トップページ > 棋書ミシュラン! > 詰みか必至か?


Copyright(C) 1999-2017 【将棋 棋書ミシュラン!】 All Right Reserved